BMW M3セダン 新型と M4 クーペ、431ps 直6ツインターボを解き放つ[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

BMW M4クーペと新型M3セダン
  • BMW M4クーペと新型M3セダン
ドイツの高級車メーカー、BMWが2014年1月、デトロイトモーターショー14でワールドプレミアする新型『M3セダン』と『M4クーペ』。両車の公式映像が、ネット上で公開されている。

新型M3セダンは『3シリーズセダン』、M4クーペは、『4シリーズクーペ』の頂点に立つ高性能モデル。新型では、『M3』はセダンのみに設定。従来の『M3クーペ』の後継車がM4クーペとなる。

新型のハイライトは、新開発の直噴3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジン。最大出力431ps/5500-7300rpm、最大トルク56.1kgm/1850-5500rpmを引き出す。このスペックは、先代M3の4.0リットルV型8気筒自然吸気エンジン(最大出力420ps、最大トルク40.8kgm)に対して、プラス11ps、15.3kgm。排気量を縮小しながらも、パワフルに進化を遂げた。

軽量化を推進しているのも新型の特徴。カーボンファイバー製ルーフをはじめ、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)やアルミの積極採用により、先代比で約80kgの軽量化を達成した。M4クーペの場合、車両重量は1.5トンを切る1497kgに抑えられる。

トランスミッションは、6速MTと7速デュアルクラッチの「DCT」。6速MTは先代よりも12kg軽く、シフトダウン時にエンジン回転数を合わせるスロットルブリッピング機能が付く。0-100km/h加速は、7速DCTが4.1秒、6速MTが4.3秒。最高速は250km/h(リミッター作動)の実力だ。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集