【デトロイトモーターショー14】日産 スカイライン 新型、インフィニティ Q50 に高性能コンセプト…3.7リットルV6搭載の可能性

自動車 ニューモデル 新型車

インフィニティQ50 Eau Rougeの最新予告イメージ
  • インフィニティQ50 Eau Rougeの最新予告イメージ
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティが2014年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー14でワールドプレミアするインフィニティ『Q50 Eau Rouge』。この新型日産『スカイライン』の高性能モデルに関して、最新の予告イメージが公開された。

これは12月21日、インフィニティが公式サイトを通じて配信したもの。Q50 Eau Rougeの最新予告イメージでは、インフィニティがスポンサードするレッドブルのF1マシンと共演を果たしている。

Q50 Eau Rougeは、F1をモチーフとした高性能コンセプトカー。車名の「Eau Rouge」とは、F1が開催されるベルギーのサーキット、「スパ・フランコルシャン」の有名なコーナーの名前に由来する。Q50 Eau Rougeでは、市販車の技術にモータースポーツの考え方を取り入れ、エアロダイナミクス性能の向上などが図られる予定。

なお、今回公開された最新予告イメージでは、Q50 Eau Rougeのフロントフェンダーに「3.7」の文字が確認できることから、北米仕様に設定の3.7リットルV型6気筒ガソリンエンジンを搭載するもよう。ノーマル状態で最大出力328ps、最大トルク37.2kgmのこのユニットを、どこまで高性能化してくるのか、注目される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集