【IIHS衝突安全】スバルの5車、2014トップセーフティピックに認定

自動車 テクノロジー 安全

新型スバル フォレスター(米国仕様車)
  • 新型スバル フォレスター(米国仕様車)
  • スバル・アウトバック(日本名:レガシィ アウトバック)
  • スバル・レガシィ(北米仕様)
  • スバル・インプレッサ  新型(北米仕様)
  • スバルXVクロストレック(日本名:インプレッサXV)
スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは12月19日、スバルの5車種が、米国IIHS(道路安全保険協会)から、「2014トップセーフティピック」に指定されたと発表された。

2014トップセーフティピックは、2013年にIIHSが衝突テストを実施したモデルの中で、優れた結果を残した車に与えられるもの。スバルからは、2014年モデルの『レガシィ』、『レガシィアウトバック』、『フォレスター』、『インプレッサ』、『インプレッサXV』の5台が選出。

2014トップセーフティピックの中でも、IIHSは最も安全性が高い22台を「2014トップセーフティピック+」に指定。スバルからは、レガシィ、レガシィアウトバック、フォレスター(アイサイト装着車)の3台が認定されている。

IIHSの2014トップセーフティピック+賞に選ばれる条件は、通常の前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hの各衝突テスト、追突時のむち打ち確認テスト、横転を想定したルーフ強度テストに加えて、「新スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストで、優秀な結果を残す必要がある。

新スモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだ。IIHSは総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック+」に指定し、従来の「トップセーフティピック」以上に、高い衝突安全性能を認めている。

スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「顧客はスバル車に安全性を期待している。だからこそ、IIHSによるトップセーフティピック認定を誇りに思う」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集