アウディのルマンレーサー、R18 e-トロン・クワトロ…進化を予告

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2013年のルマン24時間耐久レースや、WEC(世界耐久選手権)を制したアウディ『R18 e-トロン・クワトロ』。同車が、早くも進化することが分かった。

これは12月8日、アウディが明らかにしたもの。「2014年シーズンに向けて、アウディの新しいLMP1マシンのテストを開始した」と発表している。

この新しいLMP1マシンは、R18 e-トロン・クワトロの進化バージョン。現時点では、画像が1点配信されているだけで、その内容は公表されていない。アウディは、「年内に詳細を明らかにする」と説明。

新しいLMP1マシンのテストは12月8日から、米国フロリダ州のセブリングで開始。アウディによると、2014年シーズンのレギュレーション変更に伴い、最大限の効率を発揮できるマシンを開発するという。

アウディ・モータースポーツのウォルフガング・ウルリッヒ代表は、「テストではとても複雑なハイブリッドシステムを最適化し、優れた燃費を実現することを重視している」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集