【東京モーターショー13】ダイハツ デカデカ…男性を意識したハードなスタイル

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ デカデカ
  • ダイハツ デカデカ
  • ダイハツ デカデカ
  • ダイハツ デカデカ
  • ダイハツ デカデカ
ダイハツが東京モーターショー13に出展している『デカデカ』は、男性ユーザーを意識してデザインされた。

同社の『タント』がファミリー層へ向けての商品であるのに対し、デカデカはアウトドアで使う男性などをターゲットにしている。

同社デザイン部東京デザイングループの池田聡さんは、エクステリアデザインについて、「“ゴリッとした”、男性に受けるようなハードな感じのスタイルにした」と話す。特に、フロントは特徴のある顔にしたといい、「どちらかというとタントは優しい感じに対し、デカデカは男性におっ!とインパクトを感じてもらえるように意識した」と述べる。

また、ボディの背が高く、ドアが観音開きであることから、骨格がしっかりして見えるようもデザインした。「フニャフニャした骨格では不安を感じてしまう。そこで、AピラーやCピラー周りでしっかりと骨格がわかるような造形にした。しっかりしたキャビンとフレームを持ったクルマであることを感じてほしい」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集