テスラ モデルS、ロサンゼルス最先端カスタムの現場

自動車 ビジネス 海外マーケット

LAモーターショー13を間近に控えたロサンゼルス。カリフォルニア州はパロアルトをはじめ先進企業が立ち並ぶ。この地域で、自動車業界に区分され得る企業として注目されるのがテスラ。ペイパルのイーロン・マスクCEOによる積極経営で、急速に認知を高めた。

テスラはロサンゼルスにおいて世界に先駆けて営業所を展開し、デザインセンターも設けている。このセンターに隣接しているのが、同じくイーロン・マスクCEO設立によりロケット・宇宙船開発などを手がけるスペースXだ。

テスラが存在感を示す工業地域に、テスラ『モデルS』の本格カスタムをいち早く手がけようとしている企業がある。BULLETPROOFは、2000年に立ち上がった自動車カスタム専門のパーツ流通事業を手がける。主に日本からパーツを仕入れ、米国やタイに事業所を置き販売している。

すでにSEMAショーなどでコンセプトカーを出展をしており、実績を積み上げている企業だが、さらなる事業拡大を図る。

拠点については、米国、タイに続く世界第3の拠点としてバーレン事業所を開設予定で、アゼルバイジャン付近に第4の拠点を設ける検討も重ねている。

カスタム対応車両に関しては、モデルSを取り込む。ホイールやエアロなどのデザイン面が中心となるが、カリフォルニア州で、テスラ向けのカスタムを手がける企業はカスタム分野の世界的リーディングカンパニーであるといえる。

BULLETPROOFのマネージングパートナー、Avi Fischer氏は「日本のカスタムパーツは優れていますが、日本人は販売先として日本国内ばかり見ています。世界に目を向けると日本のカスタムパーツが売れる先がある。英語でコミュニケーションをとり、各地で日本の優良なパーツを販売しています」とした。

BULLETPROOFにこの日、モデルSのカスタム用ホイールがちょうど到着した。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集