アフターマーケットニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

アフターマーケットに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日本自動車部品工業会
Y字スポークに秘められたレーシングテクノロジー…レイズ VOLK RACING TE037 G16 画像
自動車 ニューモデル

Y字スポークに秘められたレーシングテクノロジー…レイズ VOLK RACING TE037 G16

国内レーシングシーンのトップブランドであるVOLK RACING。東京オートサロン2018で展示していた新製品「TE037 G16」には設計時から同社のレーシングテクノロジーが投入されている。メーカーであるレイズ 営業本部 執行役員 山口浩司氏にブースで話を聞くことができた。

クルマを愛する人に、ショックアブソーバ交換の提案…東京オートサロンで KYB に聞いた 画像
自動車 ニューモデル

クルマを愛する人に、ショックアブソーバ交換の提案…東京オートサロンで KYB に聞いたPR

KYBブースでは「ショックアブソーバーで走りはもっと楽しくなる」をテーマに、競技用パーツやストリートチューンパーツを展示していた。その狙いや製品について、担当者に会場インタビューを行った。

軽量化・デザイン・コストパフォーマンスを兼ね備えた鋳造ホイール…レイズ グラムライツ・アズール 57CNA/57BNA 画像
自動車 ニューモデル

軽量化・デザイン・コストパフォーマンスを兼ね備えた鋳造ホイール…レイズ グラムライツ・アズール 57CNA/57BNA

鍛造レーシングホイールのトップメーカーのレイズは、鋳造ホイールでもハイパフォーマンス、高品質、軽量化、デザインに挑戦している。東京オートサロン2018の会場で話を聞いた。

プロスタッフは油膜・被膜とりを実演、プレミアムコート剤もプッシュ…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

プロスタッフは油膜・被膜とりを実演、プレミアムコート剤もプッシュ…東京オートサロン2018

自動車用品をはじめ、EV関連事業なども手がけるプロスタッフは、油膜・被膜とり用「キイロビン」シリーズと、洗車後のぬれたボディーにスプレーして拭くだけの液体コーティング「CCウォーターゴールド」をプッシュ。

ソフト99、プロ施工ブランド G'ZOX の一本推し…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

ソフト99、プロ施工ブランド G'ZOX の一本推し…東京オートサロン2018

ソフト99コーポレーションは、プロ施工プレミアムコーティングブランド「G'ZOX」の一本推し。ガラス系皮膜コーティングでありながら、強力な撥水性能を発揮する同ブランドを、DJブースを想わせる空間で紹介した。

テイン、ストリートユース向けから競技用サスペンションまで幅広く紹介…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

テイン、ストリートユース向けから競技用サスペンションまで幅広く紹介…東京オートサロン2018

高品質サスペンションを自社で開発・製造するテインは、トヨタ『クラウンアスリート』用AVS対応H.B.S.搭載フルスペック車高調サスや、クロスカントリー4WDストリートユース車高調サスを先行展示。

ドラレコのトレンドは後方カメラ、国内自社工場生産にこだわる セルスター …東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

ドラレコのトレンドは後方カメラ、国内自社工場生産にこだわる セルスター …東京オートサロン2018

昨年の不幸な高速道路での事件以来、ドライブレコーダーの装着率が上がっている。それでもまだ10%前後ということで、「さらに市場は拡大し装着率で50%まではいくだろう」とオートサロンの出展ブースで語るのは、セルスター 取締役副社長 勝永直隆氏。

ペダル踏み間違いや死角に挑むデータシステム、最新モデルを実装展示…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

ペダル踏み間違いや死角に挑むデータシステム、最新モデルを実装展示…東京オートサロン2018

マツダ『ロードスター』をベースとした「2018 R-SPEC ROADSTER」を展示し、最新パーツを紹介しているデータシステムは、今回、セーフティ分野の新商品をプッシュ。

「大口径タイヤがトレンド」東洋ゴム 清水社長…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

「大口径タイヤがトレンド」東洋ゴム 清水社長…東京オートサロン2018

東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)の清水隆史代表取締役社長は、12日の記者会見で「躍動感あるステージを用意した。クルマ文化の浸透している海外市場で、『本物の走り』を支えるブランドとして評価されていることを日本にも伝えたい」と語った。

ブリッド、レーシー・カジュアル・トラックの「3本の矢」で新境地へ…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

ブリッド、レーシー・カジュアル・トラックの「3本の矢」で新境地へ…東京オートサロン2018

ブリッドは、東京オートサロン2018で新たな境地へ飛び出す勢いを見せた。同社 高瀬嶺生社長は、初日にブースへ立ち、報道陣を前に3つの新たな動きを語り始めた。

4月28日は洗車の日、10周年を記念して専用ブースを初出展…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

4月28日は洗車の日、10周年を記念して専用ブースを初出展…東京オートサロン2018

4月28日を「洗車の日」と定め、手洗い洗車を推奨している「オートアフターマーケット活性化連合(AAAL)」は、東京オートサロン2018の会場に専用ブースを出展した。活動開始10周年を記念したもので、ブース出展は今回が初となる。

ワークブース、345/25サイズを履いたワイルド・スピード出演車来襲!…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

ワークブース、345/25サイズを履いたワイルド・スピード出演車来襲!…東京オートサロン2018

ドレスアップホイールのワーク(WORK)のデモカーは、シュバートレグニスとクヴェルトで武装したレクサス『LS』『GS』そしてワークエモーションCR3Pを装着したダッジ『チャレンジャー』の3台。

軽自動車、ハイブリッド、アイドリングストップはプラグを酷使している…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

軽自動車、ハイブリッド、アイドリングストップはプラグを酷使している…東京オートサロン2018

オートサロンのNGK(日本特殊陶業)ブースは、モータースポーツとスパークプラグを前面に打ち出している。デモカ―としてSUPER GTの参戦車両(GT-R)が展示され、そのうしろにイリジウムプラグなど同社の主力製品が並ぶ。

KYBの“走りを楽しくする”足回り、NEW SR Rebornから競技用ショックアブソーバーまで…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

KYBの“走りを楽しくする”足回り、NEW SR Rebornから競技用ショックアブソーバーまで…東京オートサロン2018

KYBは東京オートサロン2018において、「NEW SR Special」の進化版である「NEW SR Reborn」を参考出品。モータースポーツ用、ストリート用など多彩なラインナップを展示し、“走りを楽しくする”足回りを提案している。

家族で楽しむKTCブース、ジャパンブルーの「鉄紺」・ツールバッグ・ねじブロックなど…東京オートサロン2018 画像
自動車 ニューモデル

家族で楽しむKTCブース、ジャパンブルーの「鉄紺」・ツールバッグ・ねじブロックなど…東京オートサロン2018

東京オートサロン2018、KTCブースの目玉は2つ。ひとつはジャパンブルーのラチェットハンドルに組みスパナの『鉄紺』。もうひとつは毎年恒例となったSKキャンペーン(セール)で限定販売中のツールバッグだ。

【川崎大輔の流通大陸】マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか

マレーシアで中古車検査ビジネスをスタートした株式会社オークネット。現在の取り組みについてオークネット(マレーシア)の担当者に話を聞いた。

【ダンロップ ウインターマックス02】進化した高性能スタッドレス、3つの特徴とは?…雪上試乗 画像
自動車 ビジネス

【ダンロップ ウインターマックス02】進化した高性能スタッドレス、3つの特徴とは?…雪上試乗PR

ダンロップの『WINTER MAXX(ウインターマックス)』シリーズは、多くのユーザーから愛され、雪国で信頼を勝ち取ってきたスタッドレスタイヤである。その最新作として2016年に登場したのが『ウインターマックス02』だ。

リーズナブルにポテンシャルアップが図れる純正形状サスキット…テイン 画像
自動車 ビジネス

リーズナブルにポテンシャルアップが図れる純正形状サスキット…テイン

テインの2018年モデルのなかで、エントリーモデルとも言えるのが「エンデュラプロSPキット」と「エンデュラプロ・プラスSPキット」の2種。

トヨタ純正のAVSを使えるチューニングダンパー、テインから登場 画像
自動車 ビジネス

トヨタ純正のAVSを使えるチューニングダンパー、テインから登場

スポーツダンパーなどを手がけるテインは毎年、年末が近づくと新製品を発表する。今年も3種の新製品が発表されたが、そのなかで2つのモデルへの試乗が叶った。

【川崎大輔の流通大陸】タイ中古車流通がもつ3つの特徴 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】タイ中古車流通がもつ3つの特徴

タイの中古車流通を理解するためには3つの特徴を知る必要がある。将来、タイ中古車流通市場がアセアンの中古車を供給する国となることは間違いない。

「NSX 専用トランスポーター」に問い合わせ殺到…専門店が開発、そのこだわりとは 画像
自動車 ビジネス

「NSX 専用トランスポーター」に問い合わせ殺到…専門店が開発、そのこだわりとは

ホンダ『NSX』専門店として全国に名が知られるルートKS(三重県鈴鹿市)。同ショップのこだわりを象徴するのが、納車や引き取りなどの際に使うNSX専用積載車だ。

【川崎大輔の流通大陸】獲得すべき市場、アセアン自動車アフターマーケット 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】獲得すべき市場、アセアン自動車アフターマーケット

これからアセアンの市場は獲得すべき市場へと変化する。さらに自動車アフターマーケットの市場拡大が加速されていくことは間違いない。

【東京モーターショー2017】鍛造に鋳造、アルミにジュラルミン…レイズはホイールの奥深さを間近で解説 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】鍛造に鋳造、アルミにジュラルミン…レイズはホイールの奥深さを間近で解説

国内でつくるレイズホイールの腕と技術を間近で見てほしい---。鍛造・鋳造ホイールを国内製造するレイズは、マグネシウム、アルミニウム、ジュラルミンといった各種素材のホイールを、鍛造・鋳造などの工法にわけて紹介。

【川崎大輔の流通大陸】台湾における中古車流通 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】台湾における中古車流通

2017年9月に台湾を訪問し中古車流通を調査した。ネットワーク化された中古車ディーラーブランドが多く存在する。日本に比べるとまだ遅れているが、アセアン各国に比べると中古車流通が発展している市場だ。

【東京モーターショー2017】工具に起こっている3つの進化ポイントとは?…KTC 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】工具に起こっている3つの進化ポイントとは?…KTC

日本を代表する工具メーカー、KTC(京都機械工具)は、東京モーターショー2017に出展。これまでと少し異なる趣向の展示を行っている。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 57