【東京モーターショー13】圧縮天然ガス使用、マツダ3 SKYACTIV-CNGコンセプト を参考出品

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダ3 SKYACTIV-CNG コンセプト(参考出品車)
  • マツダ3 SKYACTIV-CNG コンセプト(参考出品車)
  • マツダ・アクセラスポーツ 20S ツーリング Lパッケージ
  • マツダ・アクセラスポーツ XD
  • マツダ・アクセラ ハイブリッドS Lパッケージ
  • マツダ3 SKYACTIV-CNG コンセプト(参考出品車)
  • マツダ3 SKYACTIV-CNG コンセプト(参考出品車)
  • マツダ3 SKYACTIV-CNG コンセプト(参考出品車)
  • マツダ3 SKYACTIV-CNG コンセプト(参考出品車)
マツダは、11月23日から東京ビッグサイトで一般公開される「第43回東京モーターショー」において、11月21日に国内発売する新型『アクセラ』に、異なるエンジン・燃料方式を採用した複数のモデルを出品する。

また、SKYACTIV技術およびデザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したクロスオーバーSUV『CX-5』や新世代フラッグシップモデル『アテンザ』を出品するなど、最新の市販車や技術も出品する。

今回の出品テーマは、「Be a driver.~マツダは『走る歓び』で世界へ挑む」。「SKYACTIV」技術、デザインテーマ「魂動」、同社の安全思想「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」、新世代カーコネクティビティシステム「マツダ コネクト」を4つの柱として、今後も「走る歓び」を体感できるクルマづくりを目指すことを表していく。

アクセラは、世界販売の3割以上を占めるマツダの基幹車種で、今回の新型モデルはマツダの新世代商品の第3弾となる。最新モデルを通じて、既に公表されているガソリンエンジン車、ハイブリッド車、ディーゼルエンジン車を出品するとともに、圧縮天然ガス(CNG)を燃料とする『マツダ3 SKYACTIV-CNGコンセプト』を参考出品。エネルギーの多様化に対応しつつ、いずれのモデルも「走る歓び」を実現するマルチソリューションを提案する。

さらに、CX-5やアテンザのほか、HMI(ヒューマン・マシーン・インターフェイス)・コネクティビティ等を紹介する技術展示なども行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集