トヨタ ヴィッツ に Rコンセプト…レース直系の420psハイブリッド[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ ヤリス ハイブリッド-Rコンセプト
  • トヨタ ヤリス ハイブリッド-Rコンセプト
トヨタ自動車の欧州法人、欧州トヨタが9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13でワールドプレミアした『ヤリス ハイブリッド-Rコンセプト』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

ヤリス ハイブリッド-Rコンセプトは、欧州向け『ヴィッツ』の3ドアをベースに、高性能なハイブリッドシステムを搭載したコンセプトカー。モータースポーツで磨いたトヨタのハイブリッド技術を、ロードカーに反映。WEC(世界耐久選手権)に参戦中の『TS030ハイブリッド』と同様の技術が、パワートレインに導入された。

ハイブリッドシステムのエンジンは、トヨタモータースポーツが開発した直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボのGRE(グローバル・レース・エンジン)。エンジン単体で、最大出力300psを引き出す。

これに、2個の強力なモーターを組み合わせた。エンジンは前輪を駆動。後輪の左右にそれぞれモーター(最大出力60ps)を配置し、後輪を駆動する。このモーターは、市販車の『ヤリス ハイブリッド』と共通。モーターは加速時、エンジンをアシスト。減速時にはジェネレーターの機能を果たす。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、420ps。

特徴的なのは、二次電池に代えて、スーパーキャパシタを後席下に搭載した点。ルマンやWECレーサーのTS030ハイブリッドの技術を応用した部分で、欧州トヨタによると、ニッケル水素バッテリーと比較して、スーパーキャパシタはパワー密度が高く、充放電も素早く行えるメリットがあるという。

欧州トヨタが9月13日、公式サイトを通じて配信した映像は、フランクフルトモーターショー13での初公開の様子に、各走行モードの解説を加えた内容。サーキット用の「トラックモード」では、420psのトータルパワーをフルに引き出し、スポーツ走行が楽しめることを伝えている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集