近鉄など11社局、神宮式年遷宮向けの割引切符発売

鉄道 企業動向
近畿日本鉄道(近鉄)など関西圏の鉄道11社局と三重交通は8月12日、伊勢神宮で行われる神宮式年遷宮向けの割引切符「ご遷宮記念 伊勢神宮参拝きっぷ」を関西各社局で発売すると発表した。

近鉄線の松阪~賢島間が自由に乗り降りできるフリー区間と、フリー区間で利用できる特急券引換券2枚、松阪、伊勢、鳥羽、志摩地域の三重交通バス乗り放題などをセットにしたもの。伊勢、鳥羽、志摩地域の観光施設に割引料金で入場、入館できるなどの特典も付く。利用可能期間は10月1日から2014年3月31日までで、有効期間は利用開始日から3日間。

切符は大きく分けて「近鉄線から乗車用」と「各社局線から乗車用」の2種類ある。「近鉄線から乗車用」は近鉄線各駅からフリー区間までの往復切符、「各社局線から乗車用」は近鉄を除く関西各社局の駅から近鉄線経由でフリー区間までの往復切符がそれぞれ付く。現地フリー区間のみの切符は設定されない。

近鉄が発売する「近鉄線から乗車用」は、往復区間で特急が利用できるタイプと利用できないタイプがある。主な駅からの発売額(大人用)は、往復特急券付きが大阪難波発6200円、近鉄名古屋発5500円、特急券なしが大和八木発3240円、津発1900円で、子供用は半額。発売期間は9月1日から3月28日までで、前売りのみの発売となる。

「各社局線から乗車用」は、阪神電気鉄道、山陽電気鉄道、南海電気鉄道、大阪府都市開発(泉北高速鉄道)、大阪市交通局、阪急電鉄、北大阪急行電鉄、大阪高速鉄道(大阪モノレール)、京阪電気鉄道、京都市交通局が発売する。近鉄線の乗換駅や接続駅からフリー区間までの往復は特急が利用できる。

「各社局線から乗車用」の発売額は、神戸高速線を除く阪神電気鉄道全線を発駅とする阪神版が6700円、大阪市営地下鉄、ニュートラム、大阪市営バス全線を発駅とする大阪市交通局版が6600円。発売期間は9月1日から3月29日までで、利用開始当日でも購入できる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 近鉄「しまかぜ」とJR西日本「トワイライトエクスプレス」で伊勢神宮と出雲大社を参拝するツアー実施…10月9日 画像 近鉄「しまかぜ」とJR西日本「トワイライトエクスプレス」で伊勢神宮と出雲大社を参拝するツアー実施…10月9日
  • 【夏休み】JR西日本など、「夏の関西1デイパス」発売…JR線フリーに私鉄割引切符の引換券セット 画像 【夏休み】JR西日本など、「夏の関西1デイパス」発売…JR線フリーに私鉄割引切符の引換券セット
  • 近鉄、「孫同伴」の全線フリー切符発売…難波~名古屋間往復なら半額以下 画像 近鉄、「孫同伴」の全線フリー切符発売…難波~名古屋間往復なら半額以下
  • 近鉄、伊勢市~賢島間の観光列車「つどい」10月5日から運転開始 画像 近鉄、伊勢市~賢島間の観光列車「つどい」10月5日から運転開始

特集

おすすめのニュース