【HV U-Car 最前線】保証もU-Car選びの決め手…ハイブリッド向け、延長保証、 認定中古車など各社の特徴は

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタU-Car販売店(東京トヨペット U-Park八王子)
  • トヨタU-Car販売店(東京トヨペット U-Park八王子)
  • 全在庫の3割近くがハイブリッドで占めるという(ホンダ オートテラス城北)
  • 商品化工程を終えた車両の品質をチェックする
  • 商品化工程を終えた車両を確認する
  • 車両検査証明書を発行
  • 車両検査証明書
  • ホンダのU-Carにつけられる車両検査認定書
ディーラー系や比較的規模の大きなU-Carチェーンでは、それぞれ独自の保証制度を設けている。トヨタは「ロングラン保証」「T-Valueハイブリッド保証」、日産「ワイド保証」、ホンダであれば「ホッと保証」などだ。

また、クルマ買い取りで有名なガリバーや中古車情報のカーセンサーも、独自の保証制度を設けている。ここでは、これらの保証の区分と概要について紹介したい。


◆唯一のハイブリッド車向け保証を整備…トヨタ T-Value

トヨタ独自のU-Car商品ブランド「T-Value」は2010年10月から展開。更に厳選した高品質U-Car「T-Valueプレミアム」が2012年10月に加わり、2013年4月からは「T-Valueハイブリッド」も設定。それぞれの保証を整え、ユーザーの品質ニーズに対応している。

まずベースとなるT-Valueは、メーカー・年式を問わず、走行距離無制限、1年間の無料保証(販売店により保証期間が異なる場合あり)という「ロングラン保証」が付く。エンジン機構、ステアリング機構、ブレーキ機構はもちろん、エアコン、ナビゲーション、テレビなど約60項目、5000部品が保証対象となっている。

万が一の場合は、全国に約5000カ所あるトヨタテクノショップで保証修理が受けられる。オールトヨタのU-Carネットワークの強みだ。また、有料で最長3年まで保証を延長できる。

T-Valueプレミアムは、T-Valueにより厳しい基準をプラスして厳選した高品質中古車が対象。具体的には、初度登録から7年未満、走行距離5万km以内で、『クラウン』や『ヴェルファイア』『ハリアー』『マークX』『ヴァンガード』など排気量2.4リットル以上の高額車両が対象となっている。保証としては、T-Valueのロングラン保証に1年間、保証を延長。つまり計2年間は保証するというものだ。

T-ValueハイブリッドもT-Valueがベース。今後U-Carにおいてもハイブリッド車を選択する顧客が増えることを踏まえ、ハイブリッド車ならではの保証をあらたに付加したもの。対象は、トヨタブランドのハイブリッド車で、初度登録年月から10年間ハイブリッド機構を無償修理する(初度登録から累計走行距離20万km以内)。保証対象部位は以下の通りとなっている。

メインバッテリー(駆動用電池)/ハイブリッドトランスアクスル/ハイブリッドコントロールコンピューター/バッテリーコンピューター/スタータージェネレーター/インバーター/DC-DCコンバーター/冷却装置

さらに、トヨタ販売店の専用機器で綿密にハイブリッドシステムをチェックしたことを証明する「ハイブリッドシステム診断書」を発行。ハイブリッド車においても安心してU-Carを選んでもらえるよう万全を期しているハイブリッド車専用の保証制度を設けているのは、現状トヨタだけだ。


◆車両価格30万円を境に保証内容を差別化…日産 ワイド保証

日産ディーラーで販売されるU-Car商品は、最大95項目の点検・整備とクリーニングなどの商品化工程を経た「高品質宣言車」、その高品質宣言車の中でも特に品質が高い「認定中古車」、30万円以上から50万円以下の「バリュープラスワイド」、そして30万円以下の「バリュープラス」という区分けがなされている。

なお認定中古車は従来『GT-R』(R35)のみだったが、7月8日より『リーフ』も新たに追加された。リーフでは、バッテリーの診断書や定期点検・整備パックに加えて5年10万kmのバッテリー保証が付くなど、電気自動車のU-Carにまつわる不安を取り除く内容となっている。

30万円以上のバリュープラスワイドおよび高品質宣言車(認定中古車を含む)U-Car(高品質宣言車も含む)に対して提供されるのが「ワイド保証」だ。エンジンからトランスミッション、ステアリング、ブレーキ、バッテリーも含めて1年・走行距離無制限の保証が付帯する。1カ月または1000kmの点検も無償で利用可能さらにワイド保証を最大2年延長できる「ワイド保証プレミアム」も有償で選択が可能だ。車両価格30万円以下のバリュープラスについては保証期間3カ月の「ワイド保証ライト」が適用される。


◆延長保証で点検も充実…ホンダ ホッと保証

ホンダの中古車ディーラー「オートテラス」で販売されるU-Carは、エンジンルーム点検・足まわり点検・下まわり点検・外まわり点検など「Honda中古車商品化整備基準」に基づいた点検がなされている。

このうち、車両価格40万円以上の車両に対して1年間走行距離無制限で適用されるのが「ホッと保証」。対象は、保証書に記載のある、エンジン、ブレーキ、サスペンション、オーディオ、カーナビなどの部品で、1カ月目の点検も無料。延長保証の「ホッと保証プラス」を付加することも可能だ。

ホッと保証プラスは最大2年の延長が可能で、ホッと保証プラスに加入の場合は、1カ月点検に加えて納車後6カ月目に6カ月点検が無料で利用できる。40万未満の車両については、無償保証期間3ヶ月間の「ホッと保証ライト」となり、保証の延長は不可となっている。


◆業界最長10年保証、契約内容は要確認…ガリバー あんしん保証

査定サービスで知名度の高いガリバーも、昨今はU-Carの直販に力を入れている。最長10年の保証(「あんしん10年保証」)が話題になっているが、保証の区分や内容は少々複雑で、修理に際しては免責金が必要になるケースがあるなど、契約の際には確認が必要だ。

保証の期間としては6カ月から10年までの6種があり、2年以上のあんしん保証を選択した場合、エンジンやミッション、ブレーキなどの重要機構部品が保証される。カーナビやETC、ワイパーなどの部品については最大12カ月が保証期間。あんしん10年保証については、2009年7月1日以降にガリバーで購入した国産車(軽自動車・普通自動車)で、販売経過年数が軽6年未満・普通車7年未満で、走行距離が軽6万km未満・普通車7万km未満であることが条件。

また、修理に際しては、購入後2年目以降は1回の保証適用の際、免責金として毎回1万円が必要で、ガリバー指定の認定整備工場で車検を取得していなければならない。

同様に、輸入車(メルセデスベンツ・VW・BMW)を対象にした「あんしん3年保証」も用意。こちらは販売経過年数が5年未満で走行距離5万km未満が対象。こちらは購入後2年目以降、1回の保証適用の際に免責金が毎回1万5000円がかかる。保証を受けるにはガリバー指定工場での車検取得が義務づけられることもあんしん10年保証と同様だ。


◆修復歴があっても利用できる…カーセンサー アフター保証

中古車検索の「カーセンサー」が提供する保証。エンジンやミッション、ハイブリッドシステムやエアコン、ドアミラースイッチなど計237項目の部位を保証する。従来の保証では対象外になってしまう修復歴車でも加入できることも特徴だ。オーディオやナビなどの電装品については保証期間が1年に制限される。

料金は国産/輸入車区分と排気量、そして年式で細かく算出されるので、明快。最高3年までの期間を設定できる。車両価格に含まれるメーカー系の保証と比較すると、車両本体価格プラス保証費用が必要になるうえ、価格表を見ると少々割高な印象はぬぐえないが、それでも修復歴がある車両や、必ずしも大規模ではない専業店で販売される車両でも契約できるというメリットは大きい。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集