【パイクスピーク13】三菱、EVクラス予選で上位を独占

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

パイクスピーク、三菱自動車・MiEV Evolution II
  • パイクスピーク、三菱自動車・MiEV Evolution II
  • パイクスピーク、三菱自動車・MiEV Evolution II
米コロラド州で開催中のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは6月27日、練習走行および予選が行われ、三菱『MiEV Evolution II』のグレッグ・トレーシー選手がEVクラスで予選1位となった。2位には増岡浩選手が入り、三菱自動車チームは練習走行初日から3日間連続でEVクラス1-2タイムを刻み続けている。

パイクスピークの麓部分、ボトムセクションを使用しての練習走行は、各選手が刻んだベストタイムが予選タイムとして適用される。全長約8.3kmのヒルクライムコースは中高速のコーナーが連続し、難易度が高い。特に、増岡選手は去年の予選でクラッシュしたコースということもあり苦手意識が根強い。しかし、増岡選手は計3回のアタックを行い、3本目の走行で3分57秒777という好タイムをマーク。クラス最速となる3分56秒287をマークしたトレーシー選手に僅差の予選2位に入った。

チーム監督兼ドライバーの増岡選手は「この麓のコースではなかなか4分の壁を乗り超えることができなかったが、最後のアタックで一気に3分57秒台に入ることができました。MiEV Evolution IIは完璧で自分のドライビングもまだまだ進歩している。この調子で明日の練習走行最終日も頑張りたいと思います」と、充実した表情で予選の感想を述べた。

トレーシー選手は、前日にセバスチャン・ローブ選手が記録した予選最速タイムにこそ及ばなかったが、EVクラスでは堂々トップタイムを記録。「クラス最速タイムに満足しています。マシンは同じコースを火曜日に走行した時より安定感があって走りやすかった。明日の練習走行最終日も引き続き集中力を高めてのぞみます」と、トレーシー選手は笑顔でコメント。3本目の走行では途中でアタックをやめコース脇にマシンを止めたが、特にトラブルがあったというわけではなく、マシンを翌日以降に温存するため大事をとってアタックを中止したというのが真相である。

なお、予選クラストップタイムのトレーシーは、日曜日のレース決勝でEVクラス内での出走順を自由に選ぶことができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集