BMWから3シリーズ クーペ後継、4シリーズ…デザインの狙い[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

BMW4シリーズクーペ
  • BMW4シリーズクーペ
BMWのドイツ本社が、6月15日に発表した『4シリーズクーペ』。同車の公式映像が、ネット上で公開された。

BMWは、モデルレンジの呼称の一部見直しに着手。『4シリーズ』は現行『3シリーズクーペ』、『3シリーズカブリオレ』の後継車に位置付けられる。BMWは2013年1月、デトロイトモーターショー13において、『コンセプト4シリーズクーペ』をワールドプレミア。4シリーズクーペは、その市販版。

市販モデルの4シリーズクーペは、コンセプトカーに対して、細部のデザインを変更したのみ。フロントマスクは、新型『3シリーズセダン』、『3シリーズツーリング』と共通イメージ。『6シリーズ』を連想させる力強いサイドビューが特徴。

ボディサイズは、全長4638×全幅1825×全高1362mm、ホイールベース2810mm。現行3シリーズクーペと比較すると、26mm長く、43mmワイドで、16mm背が低い。ホイールベースは50mm伸びた。

BMWの公式サイトが6月14日に公開した映像では、同社のデザインを統括するカリム・ハビブ氏らが出演。4シリーズクーペに込めたデザインの狙いを語っている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集