3月の上海フォルクスワーゲン中国新車販売、15%増の11万台

自動車 ビジネス 海外マーケット
フォルクスワーゲンの中国合弁、上海フォルクスワーゲンの主力車種
  • フォルクスワーゲンの中国合弁、上海フォルクスワーゲンの主力車種
フォルクスワーゲンと上海汽車の中国合弁、上海フォルクスワーゲンは4月8日、中国における3月のフォルクスワーゲンブランドの新車販売台数を公表した。総販売台数は11万1758台。前年同月比は15%増と、2桁増を維持している。

販売の主力は、引き続き中型セダンの『ラヴィダ』シリーズ。3月は過去最高の3万8334台を売り上げた。前年同月比は89%の大幅増となった。

ラヴィダに続いたのは、上級セダンの『パサート』。3月実績は、2万0533台だ。上海フォルクスワーゲンによると、パサートは中国Bセグメントにおいて、トップシェアを占めたという。コンパクトカーの『ポロ』も、1万3820台と好調。

また、『サンタナ』は3月、1万3328台を販売。前年同月比は42.9%増と大きく伸びた。これは2012年12月に発売した新型が支持されているためで、新型サンタナの累計販売台数は、3万台を超えている。

SUVでは、『ティグアン』が前年同月比24%増の1万6721台と人気。MPVでは『トゥーラン』(日本名:『ゴルフトゥーラン』)が3670台を売り上げた。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース