「V12生き残りのカギはHV」フェラーリCEO

エコカー ハイブリッド
599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
  • 599のハイブリッド実験車 HY-KERS
環境対応はスーパーカーメーカーのフェラーリにとっても避けられない課題。このほどフェラーリのアメデオ・フェリーサCEOは、メディアの取材の中で、V型12気筒ガソリンエンジンの生き残り策について語った。

すでにアメデオ・フェリーサCEOは、2012年に発売予定の『エンツォ・スペシャルシリーズ』(仮称)に関して、「パワーユニットは直噴V8ツインターボとする」と宣言している。フェラーリのフラッグシップといえば、V12エンジン搭載が当たり前だったため、環境に配慮したダウンサイジングは話題となった。

となると、フェラーリはV12エンジンを廃止するのか、と思ってしまうわけだが、アメデオ・フェリーサCEOは「V12エンジンは、ハイブリッド化によって生き残らせる」と、メディアの取材の中で明かした。

そこで思い出されるのが、今年3月のジュネーブモーターショーにフェラーリが出品したコンセプトカー、『HY-KERS』だ。同車は『599GTBフィオラノ』(日本名:『599』)をベースにしたハイブリッド実験車である。フロントに6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジン(620ps、62kgm)、リアにモーターと7速デュアルクラッチF1トランスミッションをレイアウト。小型軽量なモーターは、最大出力100ps以上を発生し、エンジンとのトータル出力は、720ps以上に達する。

エンジンとモーターの出力は、7速デュアルクラッチF1トランスミッションによって制御。HY-KERSはモーター単独、エンジン単独、エンジン+モーターの3つの走行モードを備える。2次電池はリチウムイオンバッテリーで、車体中央フロア下に配置。減速時には、モーターがジェネレーターを回して、発生した電力をバッテリーに蓄える回生ブレーキを採用する。この回生ブレーキには2009年のF1マシン、『F60』に導入された「KERS」(キネティック・エナジー・リカバリー・システム)のノウハウが応用されている。

アメデオ・フェリーサCEOの今回の発言からは、フェラーリが米国の燃費規制や欧州のCO2排出量規制の面で不利なV12エンジンを、ハイブリッド化によって生き残らせようとしていることがわかる。直噴V8ツインターボとV12ハイブリッドが、フェラーリの次世代フラッグシップユニットと見てよさそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • フェラーリ エンツォ 次期型はエンジン小型化…直噴V8ツインターボ 画像 フェラーリ エンツォ 次期型はエンジン小型化…直噴V8ツインターボ
  • 新型フェラーリは『SA』…ピニンファリーナ創業家に捧ぐ 画像 新型フェラーリは『SA』…ピニンファリーナ創業家に捧ぐ
  • 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】フェラーリ HY-KERS 画像 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】フェラーリ HY-KERS
  • BMW 3シリーズ 次期型にハイブリッド設定へ 画像 BMW 3シリーズ 次期型にハイブリッド設定へ
  • レンジローバー にハイブリッド、2013年発売へ 画像 レンジローバー にハイブリッド、2013年発売へ

特集