【東京モーターショー09】ビューエル、最後の晴れ姿……

自動車 ニューモデル モーターショー
Lightning CityX XB9SX
  • Lightning CityX XB9SX
  • Lightning XB12Ss
  • Firebolt XB12R
  • Ulysses XB12XT
  • Lightning XB12Scg
「ビューエル」(Buell)はハーレーダビッドソンのエンジンを搭載したスポーツバイクのブランドだ。ハーレーダビッドソンの技術者、エリック・ビューエルが興した会社で、ハーレーのエンジンを独自のフレームに載せて、スポーツバイクを作っていた。

ビューエルは1998年にハーレーに買収され、ブランドは継続された。しかし、ハーレー本体の業績不振の影響で、米国本社がビューエルの生産終了を決定した。それが東京モーターショーの開幕1週間前のことだった。

会場にビューエルの2010年モデルが展示されているけれど、新規生産は行わない。ここに飾ったバイクも含めて、在庫がなくなりしだい販売終了だ。東京モーターショーはビューエル、最後の晴れ舞台となってしまった。

どこか保守的なハーレーブランドに対して、空力デザインやLEDランプの採用など、進取の機運があっただけに残念だ。もっとも、カスタムパーツの多いハーレーのことだから、どこかがまた、「ビューエル風」カスタムパーツや、カロッツェリアを手がけるかもしれない。
《杉山淳一》

編集部おすすめのニュース

特集