【東京モーターショー09】EVを訴求した日産と三菱、実際の人気は…

自動車 ニューモデル モーターショー
日産自動車
  • 日産自動車
  • 日産GT-R
  • 日産自動車
  • 三菱MiEVハウス
  • 三菱自動車
  • 三菱自動車
東京モーターショー、幕張メッセ東館に陣取る自動車メーカー系ブースは日産自動車と三菱自動車。

日産のなかで見物客を最も多く集めていたのはもちろんメインステージのEV走行パフォーマンスだが、根強い人気を博していたのはやっぱりスーパースポーツの『GT-R』。現行モデルながらディーラーでもめったにお目にかかれないとあって、大勢がクルマに乗り込んだり写真を撮ったりと、始終にぎわっていた。

三菱自動車ブースでの賑わいスポットは、オール電化にEVを加えたモデルルーム「MiEVハウス」。家の中に直接EVの『i-MiEV』が進入するが、排ガスがまったく出ないクリーン性能ゆえ、もちろん全く問題なしということを示すアトラクションだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集