【東京モーターショー09】レクサス LFA…最後に求める味

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサスLFA
  • レクサスLFA
  • レクサスLFA
  • アルテッツァ
  • セリカ
日本での販売価格3750万円と、500台限定ながらついに2010年末の発売が正式に予告されたトヨタ自動車のスーパースポーツカー、レクサス『LFA』。

「私が開発初期から“味づくり”に参加した。本物を知り尽くしている人が最後に求める味を作り込んできました」(豊田章男社長)と、仕上がりには大いに自信を見せる。

日本産の市販スーパースポーツといえば、これまで日産『GT-R』が唯一の存在であった。そのGT-Rを大きく超え、560psを発生させる4.8リットルV10を搭載しながら、排気音は各国の騒音規制を余裕でクリアするレベルに抑えた。小さなエキゾーストノートでも迫力と快感を味わえるよう、楽器メーカーのヤマハと協力し、パイプオルガンに似た原理でミュージックサウンド的な排気音を意図的に作り出している。

「限界に挑戦することは、クルマ作りの本質に通じる。走る楽しさ、時代の先端をいく先進性を追求することの大切さは、これから先も変わらない」(豊田社長)

環境一辺倒という色彩が濃い今年の東京モーターショー会場において、環境技術では世界のトップランナーの1社であるトヨタ自動車が、レクサスLFAを筆頭にコンパクトRWD(後輪駆動)トヨタ『FT-86』コンセプト、パワー指向ハイブリッドをラインナップするハッチバックモデル、レクサス『LF-Ch』コンセプトなど、スポーティモデルを幅広くラインナップするのは興味深いところ。

「かつてはトヨタも『ハチロク』(後輪駆動の小型スポーティモデル)、『アルテッツァ』、『セリカ』など、スポーティカーをいろいろ出していました。それらが全て姿を消してしまったのは、自動車人として寂しい限り」と語る豊田社長。

遊びを感じさせるクルマが前面に押し出されているのは、楽しめるクルマ作りが大事という氏のフィロソフィの影響も大であろう。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ マークX 新型発表】豊田社長「ハンドルを握ればワクワクするはず」 画像 【トヨタ マークX 新型発表】豊田社長「ハンドルを握ればワクワクするはず」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」 画像 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • トヨタ新社長就任会見…豊田社長「私がレースに出場した理由」 画像 トヨタ新社長就任会見…豊田社長「私がレースに出場した理由」

特集