【東京モーターショー09】ホンダ SKYDECK は爽快空間

自動車 ニューモデル モーターショー

SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
  • SKYDECK
第41回東京モーターショーに出品されるホンダ『SKYDECK』コンセプト。インテリアデザインの開発コンセプトは爽快空間だという。

「スカイデッキの“デッキ”にも由来しますが、クルーザーの木目のデッキで風を感じながら、ハンモックシートに寝そべりながら爽快に走らせるというイメージです」とはこのモデルのインテリアをデザインしたデザイン開発室の恵美幸夫さん。

「ホンダの造形言語が、少しメカニカルで走りで熱いものから、走りのDNAを残しながらも、少し大らかな感じやゆったりくつろげる空間に移ってきています。SKYDECKでも、線や面を少し減らして優雅な、くつろげるラインを入れていこうとしているのです」

具体的には、「ドライバー側は走りの領域ということ、でマルチフレックスメーターを採用し遠近感を付与した視認系統です。助手席の空間は、ドアライニングなどをなるべくそぎ取って、居心地の良い、実際の寸法以上に広く感じるような空間作りをしています」。

さらに、「足元の空間も、片持ち支持のシートを使い、サーフボードが置けるくらいの空間をつくりました。2年前にPUYOを出しましたが、あれは全部がキャビンみたいなもの。ああいうエッセンスを持たせたかったのです。クルマ全体がキャビンというパッケージを目指しています」と話す。

また、色も空間の広さ感に関係してくるという。「どんな色が効果的に広く感じるか。木目も高級木目だともう少し色が濃い目のものを使うが、今回は北欧風の白木を使うことでSKYDECKの目的に合わせています」と、装備以外の工夫も行っている。

「外観は、波を切るクルーザーのような、空気を切って速い速度域で動いているデザイン。それに対比して室内はくつろげる空間にしました」とエクステリアとの関係を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集