【東京モーターショー09】ホンダ N360、EVで復活…EV-N

自動車 ニューモデル モーターショー

EV-N
  • EV-N
  • EV-N
  • EV-N
  • EV-N
  • EV-N
  • EV-N
ホンダは1967年に『N360』を発売した。このクルマの根底に流れている思想が「人々の生活の中で役に立つ楽しいクルマ」。

これをもう一度見つめなおして、日々の生活の中で非常に楽しい存在としてのクルマ、そして小さいけれど楽しいといった存在の電気自動車をつくりたい、ということで、ホンダは第41回東京モーターショーに『EV-N』を出品する。

「パッケージレイアウトの考え方は、もっと身近な存在のクルマになりたいということで、現在の軽自動車よりも約540mmくらい短い、非常にコンパクトな小さいクルマとなっています」と話すのは本田技術研究所 四輪R&Dセンターデザイン開発室・アドバンススタジオ、東京モーターショープロジェクト・ALPL澤井大輔さん。

「そこに日々の使い勝手に最適な4人乗りや荷室空間、床下のバッテリー、小型のモーターなどをギュッと詰め込んだ非常にコンパクトな車体を目指しているのです」という。

「エクステリアデザインは、誰が見てもひと目でクルマだとわかるように極限までシンプルにしています。四角くて丸いボディを小さなタイヤがしっかりと支えている、そんなクルマらしいグッドスタンスを追求しているのです」

また、「非常にコンパクトだがノーズがしっかりとしていて、そういったところで安心感を表現しながら小さいけれども非常に頼もしい形を追求したのです」と話す。

「大変シンプルで少し浮いているような見え方のインスト、そこにメーターと非常に大型の液晶ディスプレイを配置することで、気持ちの良い空間を目指しています」と、インテリアもエクステリア同様シンプルで心地よいインテリア空間になっているという。

さらに、「シートは特徴的な薄型の設計としてメッシュ状のシートバックとなっており、小さな車体の中で広く人がしっかり乗れる空間を確保しています。また、このシートバックは脱着式となっていて、自分の好みに合わせて衣替えができるという面白いアイディアも加味しています」と楽しさにもあふれていることを強調した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集