【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
  • 【東京モーターショー09】ホンダ CR-Z ハイブリッドクーペ、市販プレビュー
2ドアクーペのハイブリッドカー、『CR-Z CONCEPT 2009』は、ホンダの「HELLO!」ブースに飾られたモデルの中でも、最も近い未来に姿を見せるであろうモデルだ。

『CR-Z』が初登場したのは07年東京モーターショー。福井威夫社長(当時)はそのCR-Zのイメージを生かしたハイブリッドクーペを市販すると明言していたが、CR-Z CONCEPT 2009はまさにその市販モデルのプレビュー的存在である。ランプ類やホイール、インテリアのインターフェースなどはショーモデル専用のものとなっているが、ボディ、内装とも大枠は市販予定のものと同一。

パワーパッケージは1.5リットルSOHCのi-VTECエンジンに1モーター式のパワーアシスト-エネルギー回生機構「ホンダIMA」を組み合わせたパラレルハイブリッド。詳細スペックは公開されないが、エンジンとモーターとの統合最大出力は130 - 140馬力と推測される。

ショーモデルのトランスミッションは6速MT。市販モデルでも市場によってはMTがラインナップされる予定だという。パラレルハイブリッドはMTと組み合わせると、モーターのトルクをダイレクトに体感でき、実際の速さ以上にスポーティに感じられる。初代インサイトの5速MTが、燃費狙いのとんでもないハイギアードセッティングであったにもかかわらず、フィーリングが案外スポーティであったことを考えると、市販版CR-Zのドライブフィールにも大いに期待が持てる。ショーモデルからもその空気を感じ取りたいところだ。

ちなみにショーモデルは4シーター版。リアシートはエマージェンシー用のミニマムスペースだが、ノートパソコンやデジカメなどをリアシートに置いてシートを倒すと、座面と背もたれでそれらを挟み込んで衝撃を吸収する収納ケースとして機能するように折り畳み機構が設計されるなど、芸の細かさも見せるなど、こちらも見どころ満載だ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集