【改善対策】スズキ エブリイ などのオートステップコントローラ

エコカー 燃費

スズキは10日、『エブリイ』とマツダ『スクラム』のオートステップコントローラに不具合があるとして国土交通省に改善対策を届け出た。05年8月から07年1月までに生産された1万9039台が対象。

オートステップコントローラのプログラムが不適切で、エンジン停止時にオートステップが張り出した状態でブレーキを1秒間に2回以上踏んだ場合、車両が走行したと誤判定することがある。

そのためコントローラのフェールセーフ機能が働き、最悪の場合、乗降中に突然ステップが格納される恐れがある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集