【株価】防相失言で政局警戒、自動車株は高安まちまち

自動車 ビジネス 株価

米国株高を好感した買いが輸出関連株に入り、全体相場は4日続伸。しかし、材料不足の中で防衛相の失言問題から政局不安に対する警戒感が強まり、利益確定売りに押される展開となった。平均株価の上げ幅は4円足らず。自動車株は高安まちまち。

ホンダが前日比30円高の4570円、日産自動車が7円高の1341円と続伸。ダイハツ工業も続伸し、スズキがしっかり。トヨタ自動車は30円高の7830円と上昇した。

一方、日野自動車が9円安の753円と続落し、いすゞ、富士重工業、三菱自動車がさえない。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集