東名 名神 東名阪で夜間割引を拡大 社会実験

自動車 ビジネス 企業動向

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、国土交通省は、夜間に割引料金で利用できる時間を拡大する社会実験を6月24日から開始する。割引を拡充することで、一般道路を走行している大型車などを高速道路へ誘導する。

東名高速道路、名神高速道路、東名阪自動車道において、一般道路および高速道路における交通量の変化や料金収入に与える影響を検証する。

対象は、ETCシステムにより高速道路を走行する車両で、かつ、対象のICを指定の時刻に流出する車両。全車種。

割引開始は2段階に分かれ、6月24日から23−24時が30%割引、8月1日からは22−23時が20%割引、23−24時が30%割引となる。

現在、0−4時は、走行距離に関わらず30%の割引が適用されている。今回の実験では対象時間を拡充して割引を適用する。

昨年末に閣議決定された「道路特定財源の見直しに関する具体策」において、高速道路料金の引下げなどによる既存高速ネットワークの効率的活用・機能強化のための新たな措置を講ずることとされており、2007年度の料金社会実験において、効果や影響などを把握する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集