F1冬休み総括…続けたい、侮るな、変わらない、苦戦する、心配ない

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

12月24日
●ハイドフェルド「シューマッハより長く続けたい」……現在29歳のBMWザウバー、ニック・ハイドフェルドは37歳で引退したミハエル・シューマッハより長く現役を続けることが目標との事。本人は「あと10年は続けたい」と意気込んでいる。

12月24日
●ルノー、マイルドセブンカラーとも決別……タバコ広告の禁止にともない、来季からタイトルスポンサーがマイルドセブンからオランダの銀行INGに変わるルノーがこれまで慣れ親しんだライトブルーに別れを告げることを改めて発表した。今後はINGの企業カラーであるオレンジとネイビーブルーを採用予定。

12月26日
●山本左近がSAF1のセカンドテストドライバーに……昨シーズン、スーパーアグリからF1デビューを飾った山本左近が来季は同チームのセカンドテストドライバーを務めることが発表された。山本は佐藤琢磨&アンソニー・デビッドソン、テスト兼リザーブドライバーのギエド・バン・デル・ガルデと共に任務にあたる。

12月26日
●モンテゼモーロ「マッサを侮るな」……引退したミハエル・シューマッハの後任であるキミ・ライコネンにばかり注目が集まる中、ルカ・モンテゼモーロ社長はマッサを高く評価する。「マッサを過小評価してはならない。彼はトップに君臨するミハエルから2勝もぎとり、さらに多くを学んだ」とマッサについて語ったモンテゼモーロ。来季については「必要なものはすべてそろっている」と必勝宣言した。

12月27日
●ビルヌーブ、やはりNASCAR転向か?……シーズン半ばでBMWザウバーを離脱した元ワールドチャンピオンのジャック・ビルヌーブ。DTM転向も取り沙汰されているが、やはり行く先はNASCARが濃厚の模様。本人は「まだ発表できることはない」としているが、年明けにも何らかの発表があるのではと見られている。

12月27日
●マッサ、フェラーリのアドバンテージを否定……ブリヂストンのワンメークになる来季。長年ブリヂストンと蜜月関係を保ってきたフェラーリには大きなアドバンテージがあるとの見方が大半を占めているが、フェリペ・マッサはこれを否定する。「他のチームと同じように、僕たちにとってもまったく新しいタイヤ。ゼロからのスタートには変わりない」とマッサ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集