【F1ヨーロッパGP】決勝…ファイナルラップで、あああっ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1ヨーロッパGP】決勝…ファイナルラップで、あああっ
  • 【F1ヨーロッパGP】決勝…ファイナルラップで、あああっ
  • 【F1ヨーロッパGP】決勝…ファイナルラップで、あああっ
予選方式が変更され、土曜1回のみのアタックとなったヨーロッパGP。ポールポジションを獲得したのはウィリアムズのニック・ハイドフェルド。地元ドイツで自身初となるポールポジションを達成した。

29日の決勝レースは、ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)がスタート出来ず、エクストラフォーメーションラップで計59ラップで争われた。

1コーナーで多重接触がありマーク・ウェーバー(ウィリアムズ)がリタイア。佐藤琢磨(B・A・R・ホンダ)、ラルフ・シューマッハ(トヨタ)がノーズ交換のためピットストップを強いられた。

タイヤに厳しいニュルブルクリンクとあって、レース終盤にはコースオフするマシンが続出。

トップを行くキミ・ライコネン(マクラーレン)は右フロントにフラットスポットを作って苦しい状況に。それを2位のフェルナンド・アロンソ(ルノー)が激しく追いかける展開は、ファイナルラップで劇的な結末を迎える。

ライコネンの右フロントサスペンションが大きく破壊され、スピンオフ。アロンソが今季4勝目をマークした。2位には連続表彰台のハイドフェルド、3位にはルーベンス・バリケロ(フェラーリ)が入った。

4番手スタートのヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)はスタート前にクルーの退去が遅かったためドライブスルーペナルティを受け、結局8位。ラルフ・シューマッハはスピンしてリタイアに終わった。

2戦ぶりに復帰したB・A・R・ホンダ勢は予選出走順の不利が影響してジェンソン・バトン13番、佐藤琢磨16番グリッドスタート。決勝レースでは少し挽回して、バトン10位、佐藤12位。

トゥルーリの他にもデイビッド・クルサード(レッドブル)がピットレーンでのスピード違反、ティアゴ・モンテイロ(ジョーダン・トヨタ)らが青旗無視など、ペナルティの多いレースとなった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集