検察庁に関するニュースまとめ一覧(7 ページ目)

関連インデックス
警察庁
仙台のアーケード暴走、殺人と殺人未遂で起訴 画像
自動車 社会

仙台のアーケード暴走、殺人と殺人未遂で起訴

今年4月、宮城県仙台市青葉区内のアーケード街でトラックが暴走し、歩行者7人が死傷した事件について、検察庁・仙台地検は2日、容疑者として逮捕されていた31歳の男を殺人と殺人未遂の罪で起訴した。

事故はストーカーによって誘発…危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

事故はストーカーによって誘発…危険運転罪で起訴

走行中の乗用車の前へ強引に自車を割り込ませて事故を誘発し、男女2人を死傷させた韓国籍を持つ54歳の男について、甲府地検は3日、この男を危険運転致死傷と道路交通法違反の罪で起訴した。

加害者は事故直前に再加速か…不起訴不当議決 画像
自動車 社会

加害者は事故直前に再加速か…不起訴不当議決

2000年11月に徳島県徳島市内で発生した交通死亡事故について、徳島検察審査会は7月28日、不起訴となっていた事故の加害者の処分について「不起訴不当」の議決を当日までに行った。様々な証拠を提出し、加害者側の過失を追及した遺族の執念が実った。

事故車に追突で被害拡大…不起訴不当に 画像
自動車 社会

事故車に追突で被害拡大…不起訴不当に

昨年4月、埼玉県川口市内の東京外環自動車道で他車に追突させて運転者を死亡させる事故を起こし、業務上過失致死容疑で送検されたものの不起訴となった37歳の男性について、さいたま検察審査会は23日までに不起訴不当の議決を行ったことがわかった。

【緊急連載】道路公団談合---自浄能力が無い 画像
自動車 社会

【緊急連載】道路公団談合---自浄能力が無い

調べによると、内田容疑者は、公団が発注する工事の情報を伝えたり、談合を黙認する見返りとして、公団OBの天下りの受け入れ先を確保してきた。東京高検、東京地検は今後、内田容疑者や神田容疑者に対する取調べで、談合の実態解明に本格的に乗り出す。

【緊急連載】道路公団談合---あなたはウソを言っている 画像
自動車 社会

【緊急連載】道路公団談合---あなたはウソを言っている

今回の橋梁談合事件が官製談合であることを裏付けるかっこうで、東京地検特捜部は道路公団の現役副総裁である内田道雄容疑者を、独占禁止法違反幇助と背任の疑いで逮捕した(25日)。

【緊急連載】道路公団談合---市場規模3500億円、過去最大級 画像
自動車 社会

【緊急連載】道路公団談合---市場規模3500億円、過去最大級

日本道路公団発注の橋梁工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は25日、同公団副総裁の内田道雄容疑者を独占禁止法違反の幇助(ほうじょ)と背任の疑いで逮捕した。道路公団と建設業界による癒着を改めて浮き彫りにする。

宮城の泥酔事故、危険運転致死傷罪に変更 画像
自動車 社会

宮城の泥酔事故、危険運転致死傷罪に変更

今年5月、宮城県多賀城市内の国道45号線で泥酔運転のRVが暴走。道路を横断していた高校生の列に突っ込む事故を起こし、27人を死傷したさせたとして危険運転致死罪で起訴した26歳の男について、仙台地検は15日、危険運転致死傷罪への訴因変更を実施した。

宮城の高校生死傷事故、危険運転致死罪で起訴 画像
自動車 社会

宮城の高校生死傷事故、危険運転致死罪で起訴

検察庁・仙台地検は12日、宮城県多賀城市内の国道でRVを泥酔状態で運転中、ウォークラリー参加中の高校生の列に突っ込み、27人を死傷させたとして、業務上過失致死傷などの罪で逮捕された26歳の男を危険運転致死罪に切り替えて起訴した。

自転車での泥酔ひき逃げ、起訴 画像
自動車 社会

自転車での泥酔ひき逃げ、起訴

泥酔状態で自転車を運転中に歩行者に追突する事故を起こし、そのまま逃走を図っていた38歳の男について、検察庁・横浜地検は8日、同日までにこの男を重過失傷害と道路交通法違反(酒酔い運転、ひき逃げ)の罪で起訴した。

事故原因は不明…で、容疑者を鑑定留置 画像
自動車 社会

事故原因は不明…で、容疑者を鑑定留置

鹿児島市内の国道225号線で、普通トラックが約1kmの区間を暴走し、クルマやバイクなど3台と衝突。運転者3人が重軽傷を負った事件について、検察庁・鹿児島地検は6日、業務上過失傷害容疑で逮捕されていた37歳の男について、鑑定留置の決定を行った。

「事故の予見性を認識」運転継続の男を起訴 画像
自動車 社会

「事故の予見性を認識」運転継続の男を起訴

今年5月、京都府京都市中京区内で乗用車が暴走。土産物店の店頭に突っ込み、店員など3人が死傷した事故について、検察庁・京都地検は6日、暴走したクルマを運転していた31歳の男を業務上過失致死傷罪で起訴した。

なんでこれが交通違反なの!? 画像
モータースポーツ/エンタメ

なんでこれが交通違反なの!?

年間1万1000件以上の「交通取り締まり」が実施されているなか「なんでこれが?」という微妙なケースも多々あるのが実情です。多くの人は「違反は違反だから」と諦めているでしょうが問題はそれほど単純ではないのです。

警察官のオービス実地実験、違反として処理 画像
自動車 社会

警察官のオービス実地実験、違反として処理

千葉県警・交通機動隊に所属し、隊長職にあった59歳の警視が、オービス(速度違反自動取締機)の性能を試すという目的で、自己所有のバイクを使って故意に速度超過違反を行っていた事件について、検察庁は罰金7万円の略式命令を出した。

アスファルト塊を落とした運転手を釈放 画像
自動車 社会

アスファルト塊を落とした運転手を釈放

走行中の大型ダンプから重さ580kgのアスファルト塊が落下。これを避けようとした後続車が路外に逸脱し、34歳の男性が死亡した事故について、検察庁・宇都宮地検は2日、業務上過失致死容疑で逮捕されていたダンプトラックの運転手を処分保留で釈放した。

伝票を見ていて対向車線に逸脱、トラック運転手を起訴 画像
自動車 社会

伝票を見ていて対向車線に逸脱、トラック運転手を起訴

今月1日に和歌山県印南町内の阪和自動車道(対面通行区間)で、トラックを運転中に対向の乗用車と正面衝突する事故を起こし、6人を死傷させた33歳の男について、検察庁・和歌山地検は22日、業務上過失致死傷罪で起訴した。

違反処理をしなかった元警官、起訴猶予処分に 画像
自動車 社会

違反処理をしなかった元警官、起訴猶予処分に

検察庁・千葉地検は6日、違反処理の遅れを隠蔽するため、処理の済んでいない交通違反キップを故意に破っていたとして、公用文書毀棄容疑で書類送検された千葉県警・第3機動隊に所属していた26歳の元警察官を起訴猶予処分とした。

トラック暴走事故、容疑者を送検 画像
自動車 社会

トラック暴走事故、容疑者を送検

宮城県警は4日、2日に仙台市青葉区で発生したトラック暴走事件の容疑者として逮捕した38歳の男を業務上過失致死傷と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で検察庁・仙台地検に送検した。今後も殺人容疑の適用を視野に入れて調べを進めていく方針だ。

ひき逃げ容疑の15歳少女、誤認逮捕だった 画像
自動車 社会

ひき逃げ容疑の15歳少女、誤認逮捕だった

今年1月、静岡県浜松市内で発生した重傷ひき逃げ事件について、警察が容疑者として3月9日に逮捕した15歳の少女を検察庁・静岡地検浜松支部が「事件関与を匂わせる証言が虚偽であり、嫌疑なし」として3月17日に釈放していたことがわかった。

直線路での事故で初の危険運転罪 画像
自動車 社会

直線路での事故で初の危険運転罪

2004年6月、北海道津別町の町道で21歳の男がハンドル操作を誤り、高速度で走行していたクルマを路外に転落させて同乗者4人を死傷させた事故について、検察庁・釧路地検北見支部は3月29日、この男を危険運転致死傷罪で在宅起訴した。

8人死傷のひき逃げ男を危険運転致死傷罪で起訴 画像
自動車 社会

8人死傷のひき逃げ男を危険運転致死傷罪で起訴

検察庁・千葉地検は2月25日、2月上旬に千葉県松尾町内で8人を死傷させるひき逃げ事故を起こした31歳の男を危険運転致死傷や道路交通法違反(ひき逃げ、無免許)の罪で起訴した。

10人死傷の事故、1年以上経って起訴 画像
自動車 社会

10人死傷の事故、1年以上経って起訴

2003年10月、静岡県掛川市内の東名高速道路下り線で、中央分離帯に衝突して立ち往生した普通トラックに、後続のワゴン車が追突。10人が死傷した事故について、検察庁・静岡地検浜松支部は22日、トラックの運転手を業務上過失致死傷罪で在宅起訴した。

捜査資料の免許証を悪用? 検察事務官を逮捕 画像
自動車 社会

捜査資料の免許証を悪用? 検察事務官を逮捕

検察庁・高知地検は28日、検察事務官として勤務する31歳の男が、同地検須崎支部で保管していた第三者の運転免許証のコピーを悪用して借用書を偽造。これを使って借金を行っていた疑いがあるとして、有印私文書偽造・同行使などの容疑で逮捕した。

責任は青信号を遵守したクルマにもあり 画像
自動車 社会

責任は青信号を遵守したクルマにもあり

検察庁・大阪地検は7日、2003年2月に大阪府門真市内で発生した信号無視を原因とする死亡交通事故について、青信号で走行していたクルマの前方不注意が事故原因のひとつだったとして、これまでの不起訴判断を撤回。運転していた33歳の男を在宅起訴した。

3度目の正直? 罰金の納付を拒んだ男を逮捕 画像
自動車 社会

3度目の正直? 罰金の納付を拒んだ男を逮捕

検察庁は14日、重傷人身事故を起こしたとして裁判所から罰金15万円の略式命令を受けながら、これを無視して罰金を支払おうとしなかった53歳の男を業務上過失傷害容疑で逮捕した。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次
Page 7 of 11