検察庁に関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

関連インデックス
警察庁
捜査車両を運転中に2人死傷の事故を起こした警視を在宅起訴 画像
自動車 社会

捜査車両を運転中に2人死傷の事故を起こした警視を在宅起訴

2013年12月、広島県福山市内の市道で、交差点を進行していた警察の捜査車両と軽乗用車が出会い頭に衝突。軽乗用車側の2人が死傷した事故について、広島地検は13日、捜査車両を運転していた58歳の警視の男を自動車運転過失致死傷罪で起訴した。

違反者を聴取中のパトカーへ追突、トラック運転手の男を起訴 画像
自動車 社会

違反者を聴取中のパトカーへ追突、トラック運転手の男を起訴

11月下旬に岩手県奥州市内の国道4号で路肩に停車していたパトカーに追突する事故を起こし、聴取中の男性と警官2人を死傷させた53歳のトラック運転手の男について、盛岡地検水沢支部は12日までに自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死傷)の罪で起訴した。

雨でスリップか…バイクで転倒、対向車にはねられ死亡 画像
自動車 社会

雨でスリップか…バイクで転倒、対向車にはねられ死亡

2日午後8時ごろ、熊本県熊本市北区内の市道を走行していたバイクが転倒。路上に投げ出された運転者が対向車にはねられる事故が起きた。この事故でバイクを運転していた21歳の男性が死亡している。

工事現場に突っ込んで4人を死傷させた男、危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

工事現場に突っ込んで4人を死傷させた男、危険運転罪で起訴

9月中旬に北海道札幌市南区内で道路工事現場に軽ワゴン車が突っ込み、作業員4人が死傷した事故について、札幌地検は2日、クルマを運転していた33歳の男を危険運転致死傷罪で起訴した。睡眠導入剤を服用後にクルマを運転していたという。

泥酔状態で事故時の記憶無し、危険運転致傷で基礎 画像
自動車 社会

泥酔状態で事故時の記憶無し、危険運転致傷で基礎

7月下旬に大阪府大阪市中央区内で発生し、7人が重軽傷を負った追突事故について、大阪地検は15日、道路交通法違反(酒酔い運転)で逮捕されていた60歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致傷)罪で起訴した。

ひき逃げの罪で警察庁技官の男を起訴、事故後にクルマを転売 画像
自動車 社会

ひき逃げの罪で警察庁技官の男を起訴、事故後にクルマを転売

今年1月、北海道旭川市内の市道で76歳の女性をひき逃げしたとして逮捕された警察庁の技官を務める41歳の男について、旭川地検は19日、この男を自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ)の罪で起訴した。

相手が猛スピードで接近してくるとは予見できない、Uターン事故で無罪判決 画像
自動車 社会

相手が猛スピードで接近してくるとは予見できない、Uターン事故で無罪判決

2010年2月、香川県綾川町内の国道32号で後続車を巻き込む事故を起こしたとして、自動車運転過失致死罪に問われていた27歳の男性に対する判決公判が7日、高松地裁で開かれた。裁判所は男性に注意義務は無かったとして、無罪としている。

故意にクルマを衝突させて2人を死傷させた男、心神喪失で不起訴に 画像
自動車 社会

故意にクルマを衝突させて2人を死傷させた男、心神喪失で不起訴に

昨年10月、広島県広島市佐伯区内で歩行者をクルマで故意にはねて死傷させたとして、自動車運転過失傷害などの容疑で逮捕されていた24歳の男について、広島地検は21日、罪状を殺人と殺人未遂容疑に変更。事故当時の心神喪失状態を認めて不起訴処分とした。

酔客の転落を見逃したタクシー運転手、嫌疑不十分で不起訴に 画像
自動車 社会

酔客の転落を見逃したタクシー運転手、嫌疑不十分で不起訴に

今月中旬、奈良県葛城市内の南阪奈道路下り線を走行中のタクシーから乗客の男性が誤って転落し、後続車にはねられて死亡した事件について、奈良地検は24日、道路交通法違反で逮捕されていたタクシー運転手を嫌疑不十分で不起訴処分とした。

京都・八幡の暴走事故、非行事実を「危険運転致傷」に切り替えて家裁送致 画像
自動車 社会

京都・八幡の暴走事故、非行事実を「危険運転致傷」に切り替えて家裁送致

9月下旬に京都府八幡市内の府道で乗用車を暴走させ、集団登校中の小学生5人を負傷させた同市内に在住する19歳の少年について、京都地検は15日、容疑を危険運転致傷に切り替え、同容疑の非行事実で京都家裁に送致した。

人をはねた認識があるから現場に戻る…ひき逃げで不起訴不当を議決 画像
自動車 社会

人をはねた認識があるから現場に戻る…ひき逃げで不起訴不当を議決

昨年7月、愛知県名古屋市南区内で発生した死亡ひき逃げ事件を起こし、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で不起訴となった30歳代の男性について、名古屋第一検察審査会が「不起訴不当」を議決していたことがわかった。議決は4月25日付け。

大型トレーラーの逸脱は悪質な煽りが原因、危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

大型トレーラーの逸脱は悪質な煽りが原因、危険運転罪で起訴

今年3月、東京都大田区内を走行していた大型トレーラーの荷台部分が対向車に衝突。対向車を運転していた男性が死亡した事故について、東京地検は4月5日、トレーラーを運転してた45歳の男を危険運転致死などの罪で起訴した。

泥酔運転で4人死傷の事故を起こした男、危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

泥酔運転で4人死傷の事故を起こした男、危険運転罪で起訴

11月下旬、宮城県仙台市青葉区内の国道48号で軽乗用車を泥酔状態で運転中に工事現場へ突っ込む事故を起こし、作業員ら4人を死傷させた20歳の男について、仙台地検は14日、この男を危険運転致死傷罪で起訴した。

酒酔い運転と信号無視で死傷事故を起こした男、危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

酒酔い運転と信号無視で死傷事故を起こした男、危険運転罪で起訴

今年11月に北海道旭川市内で発生した飲酒運転と信号無視を原因とする死傷事故を起こしたとして、自動車運転過失致死傷や道路交通法違反(酒酔い運転)で逮捕されていた22歳の男について、旭川地検は10日、罪状を危険運転致死傷罪に切り替えて起訴した。

脱法ハーブ起因の死亡事故、危険運転致死罪で起訴 画像
自動車 社会

脱法ハーブ起因の死亡事故、危険運転致死罪で起訴

10月中旬に愛知県春日井市内で発生した死亡事故について、名古屋地検は「事故は運転者の脱法ハーブ摂取が原因で発生した」と判断。自動車運転過失致死容疑で送検されていた30歳の男を10月30日に危険運転致死罪で起訴した。

居眠り運転で4人死傷の事故を起こした男を起訴 画像
自動車 社会

居眠り運転で4人死傷の事故を起こした男を起訴

今年8月、岡山県和気町内の山陽自動車道上り線で、タイヤがパンクしたことで停車していた乗用車に追突し、車外に出ていたクルマの乗員4人を死傷させた44歳の男について、岡山地検は7日、自動車運転過失致死傷罪で起訴した。

パトカーから逃走中に事故の男、危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

パトカーから逃走中に事故の男、危険運転罪で起訴

7月下旬、広島県広島市西区内で、パトカーの追跡を受けていたクルマが別のパトカーと衝突。弾みで路外に逸脱して自転車に乗っていた女性をはねて死亡させた22歳の男について、広島地検は8月22日、男を危険運転致死傷などの罪で起訴した。

踏切誘導中の事故、JRの元社員2人を起訴 画像
自動車 社会

踏切誘導中の事故、JRの元社員2人を起訴

2011年2月、新潟県津南町内にあるJR飯山線の踏切で、JR東日本の保線担当社員の誘導に従って踏切内に進入した乗用車と、通過中の普通列車が衝突。クルマを運転していた男性が死亡した事件について、新潟地検は14日、元社員2人を業務上過失致死罪で起訴した。

故意にクルマを暴走させた女、危険運転致死傷罪で起訴 画像
自動車 社会

故意にクルマを暴走させた女、危険運転致死傷罪で起訴

今年5月、千葉県松戸市内で乗用車を暴走させ、歩行者1人を死亡させるとともに、同乗者2人も重傷を負わせた20歳の女について、千葉地検は27日、危険運転致死傷罪で起訴した。事件当時は19歳だったが、家庭裁判所から逆送されていた。

脱法ハーブによる酩酊原因の事故、全国2例目の危険運転罪 画像
自動車 社会

脱法ハーブによる酩酊原因の事故、全国2例目の危険運転罪

6月上旬、京都府京都市伏見区内で発生した脱法ハーブ摂取と酩酊を原因とする3人負傷の追突事故を起こした33歳の男について、京都地検は6月29日、危険運転致傷罪で起訴した。脱法ハープを原因とするものは大阪の暴走事件に続き、全国で2例目となる。

無免許運転で10人を死傷させた少年、自動車運転過失致死傷罪で起訴 画像
自動車 社会

無免許運転で10人を死傷させた少年、自動車運転過失致死傷罪で起訴

今年4月、京都府亀岡市内の府道で、無免許で軽乗用車を運転していた際に事故を起こし、小学生ら10人を死傷させたとして、家裁から逆送されてきた18歳の少年について、京都地検は17日、自動車運転過失致死傷や道路交通法違反(無免許運転)で起訴した。

飲酒運転発覚を恐れてひき逃げ、検察逆送の少年を起訴 画像
自動車 社会

飲酒運転発覚を恐れてひき逃げ、検察逆送の少年を起訴

今年2月、広島県福山市内で発生した飲酒運転起因の死亡ひき逃げ事件について、広島地検福山支部は19日、自動車運転過失致死などの罪で19歳の少年を起訴した。家裁が「刑事処分相当」として逆送していた。

コンテナ脱落は固定を怠ったためと判断、トレーラー運転手を起訴 画像
自動車 社会

コンテナ脱落は固定を怠ったためと判断、トレーラー運転手を起訴

2009年5月、愛知県名古屋市内で発生し、3人が死傷した大型トレーラーの横転・コンテナ落下事故について、名古屋地検は19日、コンテナの固定を怠ったとして、トレーラーを運転していた62歳の男を自動車運転過失致死傷在で在宅起訴した。

多重事故を起こした男性にてんかん発作の自覚なし、不起訴処分に 画像
自動車 社会

多重事故を起こした男性にてんかん発作の自覚なし、不起訴処分に

昨年7月、愛知県岩倉市内で発生し、8人が死傷した多重衝突事故について、名古屋地検一宮支部は2月28日までに、自動車運転過失致死容疑で逮捕・送検されていた79歳の男性を不起訴とした。本人が自覚していないてんかん発作の症状があったという。

意識障害でひき逃げの認識なし、検察が最終判断 画像
自動車 社会

意識障害でひき逃げの認識なし、検察が最終判断

昨年12月、新潟県新潟市中央区内で発生した軽傷ひき逃げ事件について、新潟地検は6日までに62歳の男を自動車運転過失傷害罪で起訴した。事故当時、疾病による意識障害を起こしており、その認識が無かったとして、ひき逃げでの起訴は見送っている。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次
Page 2 of 11