警察庁ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

警察庁に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
裁判所
交通事故死者数が3000人を突破、最も遅いペース 2017年 画像
自動車 社会

交通事故死者数が3000人を突破、最も遅いペース 2017年

警察庁は、11月5日に2017年の累計交通事故死者数が3000人台となったと発表した。

【新聞ウォッチ】後を絶たない危険な「あおり運転」、2人に1人が恐怖に直面 画像
自動車 ビジネス

【新聞ウォッチ】後を絶たない危険な「あおり運転」、2人に1人が恐怖に直面

高速道路などを制限速度で走行中に、後方から車が急接近して、あおられた経験があるドライバーも少なくないようだが、2016年に道路交通法違反の車間距離不保持で摘発されたのは、全国で7625件、このうち高速道路での違反が9割近い6690件を占めていたという。

高齢運転者の運転行動についてのデータを収集へ…事故防止対策に向け 警察庁 画像
自動車 社会

高齢運転者の運転行動についてのデータを収集へ…事故防止対策に向け 警察庁

警察庁は、高齢者の交通事故防止対策を検討するため、高齢者講習時の高齢運転者の運転行動についてのデータを収集する。

高齢ドライバーに実車試験や限定条件付免許の導入…警察庁が検討 画像
自動車 社会

高齢ドライバーに実車試験や限定条件付免許の導入…警察庁が検討

警察庁は、増加している高齢ドライバーの交通事故防止対策を強化するため、高齢ドライバーの運転免許制度のあり方を検討する分科会を設置した。2日に第1回が開催された。

秋の交通安全運動---期間中の死者数は94人で9人減、事故件数も5.7%減 画像
自動車 社会

秋の交通安全運動---期間中の死者数は94人で9人減、事故件数も5.7%減

警察庁は、9月21日から30日まで展開した2017年秋の全国交通安全運動期間中の交通事故による死者数は94人で、前年同期と比べて9人減少となった。

【岩貞るみこの人道車医】「大人用シートベルト着用では、安全につながらない」が語る本当の意味 画像
自動車 社会

【岩貞るみこの人道車医】「大人用シートベルト着用では、安全につながらない」が語る本当の意味

「違うだろー、違うだろ!」思わず叫んでしまった。9月14日に警察庁が発表した「平成29年上半期における交通死亡事故の特徴等について」の「対策」部分を読んでである。

リヤカーを牽引する電動アシスト自転車の補助率を緩和、電動アシスト車椅子の基準も改定…警察庁 画像
自動車 社会

リヤカーを牽引する電動アシスト自転車の補助率を緩和、電動アシスト車椅子の基準も改定…警察庁

警察庁は、リヤカーを牽引する原動機付(電動アシスト)自転車の基準を改正するなど、道路交通法施行規則の一部を改正する。

「サポカー」普及啓発に向け、ポスター・チラシを配付…ポータルサイトも開設 画像
自動車 社会

「サポカー」普及啓発に向け、ポスター・チラシを配付…ポータルサイトも開設

国土交通省と経済産業省、金融庁、警察庁は9月22日、「サポカー」および「サポカーS」の普及啓発のためのポスター・チラシを配付するとともに、ポータルサイトを開設した。

超絶テク! 最強白バイ隊を決定---神奈川県警3連覇なるか 10月7-8日 画像
モータースポーツ/エンタメ

超絶テク! 最強白バイ隊を決定---神奈川県警3連覇なるか 10月7-8日

警察庁は、白バイ隊員日本一を決定する「第48回全国白バイ安全運転競技大会」を10月7日・8日の2日間、自動車安全運転センター 安全運転中央研修所(茨城県ひたちなか市)で開催する。

2017年上半期の交通事故死者数1675人…ハイビーム使用なら56%は衝突死亡事故回避 画像
自動車 テクノロジー

2017年上半期の交通事故死者数1675人…ハイビーム使用なら56%は衝突死亡事故回避

警察庁は、2017年上半期の交通死亡事故の特徴をまとめた。

左折車向け歩行者検知情報を技術開発---警察庁がITSコネクトで 画像
自動車 テクノロジー

左折車向け歩行者検知情報を技術開発---警察庁がITSコネクトで

警察庁は、ITSコネクトについて、見通し外も含めて車両・歩行者の有無など、自動車の周囲の状況を路側システムから自動車に提供する路側システムにおいて、新しい技術を開発する。

700MHz帯無線で信号情報を車に提供、警察庁が開発へ…自動運転 画像
自動車 テクノロジー

700MHz帯無線で信号情報を車に提供、警察庁が開発へ…自動運転

警察庁は、自動運転システムの実用化に向けて、自動車に信号情報を提供する路側システムの新技術を開発する。

バイクの日きっかけに、関係省庁、業界団体に表敬訪問…二輪車交通環境の改善求めAJ 画像
モーターサイクル

バイクの日きっかけに、関係省庁、業界団体に表敬訪問…二輪車交通環境の改善求めAJ

内閣府が制定したバイクの日(8月19日)をきっかけに、関係省庁などに二輪車の交通環境を理解してほしいと21日と22日の両日、AJ(全国オートバイ組合連合会)が表敬訪問に訪れた。

自動運転の交通法規についての調査研究、警察庁が開始…隊列走行も 画像
自動車 テクノロジー

自動運転の交通法規についての調査研究、警察庁が開始…隊列走行も

警察庁は、自動運転の実用化をにらんで、2017年度に技術開発の方向性に即した自動運転の段階的実現に向けた調査研究を実施する。

2017年の交通事故死者数2000人を突破、もっとも遅いペース 画像
自動車 テクノロジー

2017年の交通事故死者数2000人を突破、もっとも遅いペース

2017年の交通事故死者数が8月1日に2000人を超えた。警察庁が8月3日に発表した。2000人台となったのは前年より13日遅く、日付別統計の残っている1970年以降、最も遅いペース。

【新聞ウォッチ】自動運転実用化に向けた「法整備」へ初会合---警察庁の有識者検討委員会 画像
自動車 社会

【新聞ウォッチ】自動運転実用化に向けた「法整備」へ初会合---警察庁の有識者検討委員会

警察庁が自動運転の段階的実現に向け、有識者との調査検討委員会の初会合を開いたという。

2016年の「ながらスマホ」の交通事故1999件、死亡事故27件---警察庁が取り締まり強化 画像
自動車 社会

2016年の「ながらスマホ」の交通事故1999件、死亡事故27件---警察庁が取り締まり強化

警察庁は、2016年のスマートフォン(スマホ)など、携帯電話を運転中に使用したことによる交通事故が1999件発生したと発表した。運転中のスマホ・携帯電話の使用しないよう呼びかけるとともに、取締りを強化する。

自動車盗が大幅減少、検挙率も55.4%にアップ 2017年上半期 画像
自動車 社会

自動車盗が大幅減少、検挙率も55.4%にアップ 2017年上半期

警察庁が発表した犯罪統計資料によると2017年上半期(1~6月)の乗り物盗は前年同期より1万9382件マイナスの10万9784件となった。

飲酒運転死亡事故「約25%は第三者を死亡させている」...松本国家公安委員長 画像
自動車 社会

飲酒運転死亡事故「約25%は第三者を死亡させている」...松本国家公安委員長

松本純国家公安委員長は、2015年と比較して16年に増加に転じた飲酒運転による死亡事故について、14日の閣議後会見で「飲酒運転による悲惨な交通事故が依然としてなくならない実態を踏まえ、対策をさらに強力に推進していくよう警察を指導していく」と語った。

全国の飲酒死亡事故件数、7年ぶりに増加---厳罰化から初めて 画像
自動車 社会

全国の飲酒死亡事故件数、7年ぶりに増加---厳罰化から初めて

飲酒運転事故における死亡事故件数が2016年、前年比で増加した。厳罰化の効果もあり、飲酒運事故件と共に減少する中で一転、上昇に転じた。

【インタビュー】レベル3自動運転の実用化に向けた制度整備に注力…警察庁 佐野裕子氏 画像
自動車 テクノロジー

【インタビュー】レベル3自動運転の実用化に向けた制度整備に注力…警察庁 佐野裕子氏

自動運転の実現を掲げる政府のロードマップに対して、各省庁の動きはますます具体化してきている。交通事故の削減を目指す警察庁に、自動運転の実現に向けた現在の動向を聞いた。

飲酒運転の死亡事故件数、月別ピークはなんと…7月!! 画像
自動車 社会

飲酒運転の死亡事故件数、月別ピークはなんと…7月!!

警察庁への取材で、飲酒死亡事故のピークが7月であることがわかった。道路交通法改正で飲酒運転に危険運転致死傷罪の適応など厳罰化がスタートした翌年、2010年から2016年までの累計による。

2016年の自動車盗15.7%減の1万1655件、検挙率は49.0% 画像
自動車 社会

2016年の自動車盗15.7%減の1万1655件、検挙率は49.0%

警察庁がまとめた「2016年の犯罪情勢」によると2016年の自動車盗の認知件数は前年比15.7%減の1万1655件と大幅減となった。

高齢者に最高速度制限などの限定免許制度の導入を検討…実車試験の導入も   警察庁 画像
自動車 社会

高齢者に最高速度制限などの限定免許制度の導入を検討…実車試験の導入も 警察庁

警察庁の「高齢運転者交通事故防止対策に関する有識者会議」は、高齢者の特性に応じたきめ細かな対策に向けた運転免許制度のあり方などの調査研究など、提言をまとめた。

電動アシスト自転車2機種、公道走行は違法---警察庁が注意喚起 画像
自動車 ニューモデル

電動アシスト自転車2機種、公道走行は違法---警察庁が注意喚起

警察庁は、電動アシスト自転車のカイホウジャパンの「KH-DCY700」と日本タイガー電器の「バイシクル-206アシスト」の2機種のアシスト比率が基準に不適合だったとして道路の通行を認めないと発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 25