検察庁に関するニュースまとめ一覧(5 ページ目)

関連インデックス
警察庁
不起訴不当議決の出た3年前の事故、略式起訴へ 画像
自動車 社会

不起訴不当議決の出た3年前の事故、略式起訴へ

2005年11月に熊本県熊本市内で発生した交通死亡事故について、熊本地検は16日、25歳の男を業務上過失致死罪で熊本簡裁に略式起訴した。昨年7月に熊本検察審査会によって不起訴不当の議決がなされており、これを受けて再捜査していた。

異例となる3回の不起訴不当となった事件、検察は動かず 画像
自動車 社会

異例となる3回の不起訴不当となった事件、検察は動かず

2002年12月に岡山県岡山市内で発生した死亡交通事故について、岡山地検は20日、業務上過失致死で検察審査会が不起訴不当を議決した23歳の容疑者(事件当時18歳)について、嫌疑不十分を理由として4回目の不起訴処分を決めた。

漫然と進行したことが過失 不起訴不当を議決 画像
自動車 社会

漫然と進行したことが過失 不起訴不当を議決

昨年12月に茨城県潮来市内で発生した貨物車と原付バイクの出会い頭事故について、土浦検察審査会は17日、乗用車を運転していた71歳の男性に対する不起訴処分を不当とする議決を行った。原付バイクを目視した段階で回避を行うことができたと判断した。

例の無い、同一案件で3回の不起訴不当議決 検察はどう動く 画像
自動車 社会

例の無い、同一案件で3回の不起訴不当議決 検察はどう動く

2002年12月に岡山県岡山市内で発生した死亡交通事故について、岡山検察審査会は13日までに不起訴不当の議決を行った。この事故で不起訴不当の議決が出るのは今回が3回目。同一案件で3回の不起訴不当議決は過去にあまり例がないという。

検問突破後の逆走に危険運転罪を適用 画像
自動車 社会

検問突破後の逆走に危険運転罪を適用

今年1月、広島県廿日市市内の国道2号で逆走起因の事故を起こし、順走車を運転していた男性に重傷を負わせた33歳の男について、検察庁・広島地検は21日、危険運転致傷と道路交通法違反の罪で起訴した。逆走を故意によるものと判断している。

中央道17台衝突、書類送検された全員が不起訴 画像
自動車 社会

中央道17台衝突、書類送検された全員が不起訴

昨年9月に長野県阿智村内の中央自動車道下り線で発生し、16人の死傷者を出した多重衝突事故について、検察庁・長野地検飯田支部は23日、書類送検されていた運転者13人全員を不起訴処分とした。

公判で偽証を行った男ら逮捕、裁判員制度導入を前に検察が厳しい判断 画像
自動車 社会

公判で偽証を行った男ら逮捕、裁判員制度導入を前に検察が厳しい判断

速度超過違反に問われた男が、自分に有利な証言を出廷した証人に依頼していたとして、検察庁・神戸地検は27日までに31歳の男(道路交通法違反の罪で公判中)を偽証教唆容疑で。実際に証言を行った40歳の男を偽証容疑で逮捕した。

運転者に飲酒運転の可能性あり---死亡事故で不起訴不当を議決 画像
自動車 社会

運転者に飲酒運転の可能性あり---死亡事故で不起訴不当を議決

2005年11月に熊本県熊本市内で発生した交通死亡事故について、熊本検察審査会は17日、事故を起こしたものの不起訴処分となった25歳の男性について「不起訴不当」とする議決を行った。飲酒運転の可能性がありながら、捜査段階で追及しなかったという。

尼崎のひき逃げ+タクシー衝突事件、泥酔運転の男を起訴 画像
自動車 社会

尼崎のひき逃げ+タクシー衝突事件、泥酔運転の男を起訴

今年6月、兵庫県尼崎市内の県道を蛇行状態で走行してきたワゴン車に歩行者がはねられ、さらにはタクシーと衝突して3人が死亡した事故について神戸地検尼崎支部は13日、このワゴン車を泥酔状態で運転していた50歳の男を危険運転致死などの罪で起訴した。

福岡RV幼児3人死亡事故の被告、300万円で保釈 画像
自動車 社会

福岡RV幼児3人死亡事故の被告、300万円で保釈

検察庁・福岡地検は20日、昨年8月に福岡県福岡市東区内でRVへの追突事故を起こし、幼児3人を死亡させたとして危険運転致死などの罪に問われている22歳の男の保釈を決定した。保釈保証金は300万円だという。

飲酒運転の発覚恐れて信号無視の男、危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

飲酒運転の発覚恐れて信号無視の男、危険運転罪で起訴

検察庁・福岡地検は21日、福岡県春日市内で軽傷ひき逃げ事故を起こし、警察が業務上過失傷害などの容疑で逮捕した21歳の男について、信号無視などを故意に行ったと判断。危険運転致傷や道路交通法違反の罪で起訴した。

前方で発生した事故の予見困難、多重衝突で起訴猶予処分 画像
自動車 社会

前方で発生した事故の予見困難、多重衝突で起訴猶予処分

2006年2月に富山県射水市内の北陸自動車道上り線で発生した車両61台の多重衝突事故について、検察庁・富山地検は9日、特に責任が重いとして業務上過失致傷容疑で書類送検された14人の運転者全員を起訴猶予処分にした。

【新聞ウォッチ】横浜地裁、三菱自動車幹部らに禁固求刑 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】横浜地裁、三菱自動車幹部らに禁固求刑

三菱自動車製のタイヤ脱落で横浜市の母子3人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元幹部の論告求刑が横浜地裁で行われ、検察側は元市場品質部長・村川洋被告に禁固2年、元同部グループ長・三木広俊被告に禁固1年6月を求刑した。

アームを伸ばしたままトラックに積み込んだ者の刑事責任も問う 画像
自動車 社会

アームを伸ばしたままトラックに積み込んだ者の刑事責任も問う

昨年11月、神奈川県横浜市旭区内、トラックに積載された重機が基準よりも低い場所に設置された電線に接触。弾みで街路灯を倒壊させ、乳児を含む2人を死傷させた事故について横浜地検は23日、重機を積み込んだ作業員を業務上過失致死傷罪で起訴した。

「ひき逃げ」に問えない 事故時に被害者即死 画像
自動車 社会

「ひき逃げ」に問えない 事故時に被害者即死

今年2月、千葉県柏市内で発生した死亡ひき逃げ事故について、検察庁・千葉地検松戸支部は20日、事故を起こした37歳のトラック運転手の男を業務上過失致死や死体遺棄・損壊などの罪で起訴した。被害者は即死したと認定、ひき逃げには問えないと判断した。

重ね飲みを行った女、推定アルコール分を根拠に起訴 画像
自動車 社会

重ね飲みを行った女、推定アルコール分を根拠に起訴

事故後にいわゆる「重ね飲み」を行い、飲酒量の特定を免れようとした49歳の女について、検察庁・福岡地検大牟田支部は6日、この女を業務上過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で起訴した。逮捕容疑に道交法違反は含まれていないが、飲酒量を推定。事故との因果関係ありと判断した。

執拗な煽りで事故を誘発 危険運転致死傷で起訴 画像
自動車 社会

執拗な煽りで事故を誘発 危険運転致死傷で起訴

今年1月、栃木県大田原市内の国道4号で、クラクションを巡る交通トラブルから前走する軽乗用車を執拗に追い回し、ガードレールに衝突させる事故を誘発。2人を死傷させた24歳の男について、検察庁・宇都宮地検は6日、この男を危険運転致死傷罪で起訴した。

赤信号を無視して死亡ひき逃げ…危険運転罪 画像
自動車 社会

赤信号を無視して死亡ひき逃げ…危険運転罪

検察庁は1月27日、大阪府堺市北区内で飲酒運転と故意による信号無視を原因としたひき逃げ事故を起こし、歩行者を死亡させた28歳の男を危険運転致死罪で起訴した。警察は業務上過失致死容疑で逮捕したが、その後の調べで悪質事案と判断された。

ひき逃げのバス運転手に罰金70万円の略式命令 画像
自動車 社会

ひき逃げのバス運転手に罰金70万円の略式命令

今月10日、長崎県長崎市内で発生した路線バスによる死亡ひき逃げ事件について、検察庁・長崎区検は21日、事故を起こした35歳のバス運転手の男を業務上過失致死や道路交通法違反の罪で略式起訴した。長崎簡裁は罰金70万円の略式命令を出している。

宇都宮の集団登校襲撃、殺人未遂罪での起訴は見送りに 画像
自動車 社会

宇都宮の集団登校襲撃、殺人未遂罪での起訴は見送りに

今年10月に栃木県宇都宮市で発生した集団登校中の小学生児童に対しての、故意によるクルマ衝突事件について、検察庁・宇都宮地検は7日、64歳の男を傷害罪で起訴した。殺人未遂の適用を求める声も多かったが、殺意が証明できないとして見送った。

類似事故から予見は可能、園長らの不起訴不当 画像
自動車 社会

類似事故から予見は可能、園長らの不起訴不当

2002年9月、愛知県名古屋市緑区内の私立保育園で、屋上に設置された駐車場から運転を誤った乗用車が転落し、園児1人が死亡した事件について、名古屋第一検察審査会は25日、この保育園を運営する法人の理事長と当時の園長の不起訴不当を議決した。

飲酒運転容認の上司、同僚は「起訴相当」 画像
自動車 社会

飲酒運転容認の上司、同僚は「起訴相当」

昨年5月に兵庫県宝塚市内で発生した飲酒運転起因の死亡事故について、伊丹検察審査会は25日、事故を起こした運転者に酒を勧め、飲酒運転を容認する発言を行った上司と同僚4人について「道路交通法違反の罪での起訴相当」とする議決を行った。

ひき逃げ容疑者に酒を飲ませる 飲食店の店長を略式起訴 画像
自動車 社会

ひき逃げ容疑者に酒を飲ませる 飲食店の店長を略式起訴

今年9月、神奈川県海老名市内で発生した死亡ひき逃げ事件について、検察庁・横浜区検は19日、運転者に対して酒類の提供を行ったスナック店で店長を務める22歳の男を道路交通法違反(飲酒運転幇助)の罪で略式起訴した。

一般的に見れば泥酔…検察が危険運転罪での起訴を決定 画像
自動車 社会

一般的に見れば泥酔…検察が危険運転罪での起訴を決定

検察庁・神戸地検姫路支部は10日、9月9日に兵庫県姫路市内で飲酒運転を原因とする死亡事故を起こした男を危険運転致死傷罪で起訴した。業務上過失で逮捕されていたが、泥酔状態での事故だったこともあり、悪質な行為と判断したという。

万引きまでして重ね飲み 画像
自動車 社会

万引きまでして重ね飲み

検察庁・大分地検は4日、アルコール検知から逃れるための重ね飲みを行った45歳の男を窃盗と道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で起訴した。男は重ね飲みについても容疑事実を大筋で認めているという。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次
Page 5 of 11