検察庁に関するニュースまとめ一覧(10 ページ目)

関連インデックス
警察庁
反復的路上駐車---少女の名誉、実質的に回復 画像
自動車 社会

反復的路上駐車---少女の名誉、実質的に回復

川口区検察庁(川口区検:埼玉県)は1日、自転車に乗った当時8歳の女児が路上駐車していたトラックを避けた際、対向してきたフォークリフトと衝突し、死亡した事故について、駐車していたトラックに事故の責任があるとして運転手を略式起訴した。

補助ブレーキを使わなかったことが過失---熱海のバス暴走事故 画像
自動車 社会

補助ブレーキを使わなかったことが過失---熱海のバス暴走事故

静岡地検沼津支部は29日、静岡県熱海市内の県道(通称:熱函道路)で、昨年6月と今年1月に起きたバスの事故について、いずれも運転手が下り坂でフットブレーキを過度に使用したことが原因と判断し、それぞれの事故を起こした運転手2人を書類送検した。

警察官も保身のために嘘? 検察審査会が起訴相当を議決 画像
自動車 社会

警察官も保身のために嘘? 検察審査会が起訴相当を議決

熊谷検察審査会は28日、2000年10月に埼玉県警・東松山署の警察官(当時)が職務中に起した死亡事故について「起訴相当」の議決を行っていたことを明らかにした。「供述に不審な点が多く見られ、事実と異なる可能性が高い」と評価されたことが理由だ。

天皇陛下の車列妨害…動機明らかに 画像
自動車 社会

天皇陛下の車列妨害…動機明らかに

旭川地検は25日、今月4日に北海道富良野市で発生した天皇・皇后両陛下の車列妨害事件について、両陛下の御乗用車に接触を試みた軽自動車を運転していた35歳の男を公務執行妨害容疑で起訴したことを明らかにした。

「居眠り運転」---東名多重衝突事故で検察側が判断 画像
自動車 社会

「居眠り運転」---東名多重衝突事故で検察側が判断

6月23日に愛知県内の東名高速上り線で発生し、17人が死傷した多重衝突事故について、名古屋地検は22日、渋滞中の車列最後部に衝突した大型トラックを運転していた男の居眠り運転が事故原因と断定し、同日までにこの男を起訴した。

事故直後と捜査段階の証言が異なる---不起訴不当 画像
自動車 社会

事故直後と捜査段階の証言が異なる---不起訴不当

京都検察審査会は15日、1998年11月に京都府向日市内で発生した軽自動車と原付バイクが関係する交通死亡事故について、京都地検が不起訴にしていた軽自動車の運転手について、不起訴不当とする議決を行ったことを明らかにした。

名鉄バスの無免許運転手を通常起訴 画像
自動車 社会

名鉄バスの無免許運転手を通常起訴

名古屋地検岡崎支部は14日、名古屋鉄道・岡崎統括自動車営業所に所属する路線バスの運転手が無免許運転を行い、それを会社ぐるみで隠蔽しようとした事件で関係者5人を起訴したことを明らかにした。略式ではなく、正式裁判で全容解明を行うという。

ひき逃げ犯に重罰を期待する約9万人……裁判所の判断は? 画像
自動車 社会

ひき逃げ犯に重罰を期待する約9万人……裁判所の判断は?

今年3月、帰宅途中の女子中学生2人を死亡させ、業務上過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)の罪に問われていた38歳の男に対する論告求刑公判が25日、宇都宮地裁で開かれた。検察側は「行状は殺人行為に匹敵する」として懲役7年6カ月の実刑判決を求刑した。

中央車線への路上駐車事故、5年後に運転者の過失を認定 画像
自動車 社会

中央車線への路上駐車事故、5年後に運転者の過失を認定

吹田区検察庁(吹田区検)は16日、1998年7月に大阪府吹田市内の大阪中央環状線で発生した路上駐車車両への追突事故について、いったんは不起訴とした55歳のトラック運転手を業務上過失致死罪で略式起訴したことを明らかにした。

暴行を事故に偽装していた暴走族5人を家裁送致に 画像
自動車 社会

暴行を事故に偽装していた暴走族5人を家裁送致に

暴走族への加入を拒む16歳の少年に暴行して殺害した上、それを隠すために被害者の友人を脅してバイク事故を偽装させていたとして、宇都宮地検は27日、栃木県佐野市内を拠点に活動する暴走族メンバー5人を傷害致死と恐喝未遂の各容疑で家裁送致した。

時間は短くとも、毎日しているなら悪質---少女の名誉は回復されるか 画像
自動車 社会

時間は短くとも、毎日しているなら悪質---少女の名誉は回復されるか

路上駐車したトラックを避けようと自転車で車道に出た小学生が荷役中のフォークリフトにはねられて死亡した事故について、さいたま検察審査会は車庫法違反容疑で起訴猶予となったトラック運転手の処分を「不当」と議決したことを明らかにした。

多重衝突の発端は1人のドライバーにあり---14台玉突き事故で在宅起訴 画像
自動車 社会

多重衝突の発端は1人のドライバーにあり---14台玉突き事故で在宅起訴

昨年3月、山梨県西桂町内の中央自動車道富士吉田線で、野焼きによって生じた煙によって視界を奪われたことで発生し、死傷者14人を出した多重衝突事故で甲府地検は20日、35歳のトラック運転手を業務上過失致死傷罪で在宅起訴したことを明らかにした。

危険運転罪での起訴を見送り---栃木の女子中学生ひき逃げ事件 画像
自動車 社会

危険運転罪での起訴を見送り---栃木の女子中学生ひき逃げ事件

宇都宮地検は7日、女子中学生2人を飲酒運転の末にひき逃げし、死亡させたことで栃木県警が危険運転致死容疑で送検していた38歳の男について、危険運転罪は構成されないとして業務上過失致死と道路交通法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)で起訴した。

無免許運転で5人を死傷させた少年を危険運転罪で起訴---栃木県では初 画像
自動車 社会

無免許運転で5人を死傷させた少年を危険運転罪で起訴---栃木県では初

宇都宮地検・栃木支部は3日、無免許でクルマを運転して電柱に衝突する事故を起こし、同乗者5人を死傷させた17歳の少年を危険運転致死傷罪で起訴したことを明らかにした。栃木県内で未成年者に対する同罪での公判請求はこれが初のケースとなる。

職務中の速度超過事故は悪質---現職警察官へ初の危険運転罪適用 画像
自動車 社会

職務中の速度超過事故は悪質---現職警察官へ初の危険運転罪適用

交替時間に遅刻しそうになったため、制限40km/hの市道を110km/hで走行中、運転を誤ってカーブを逸脱して対向車と衝突し、運転していた男性を死亡させた静岡県警の現職警官について静岡地検浜松支部は12日、危険運転致死罪を適用したことを明らかにした。

クルマを没収せよ!! ---無免許&飲酒運転の常習を断ち切る 画像
自動車 社会

クルマを没収せよ!! ---無免許&飲酒運転の常習を断ち切る

酒を飲みながらトラックを運転し、道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた男に対する初公判が5日、宇都宮地裁栃木支部で開かれた。検察側は「常習性が高い」として懲役だけでなく、所有する全てのクルマの没収を求める異例の展開となった。

ブッシュ大統領の一般教書演説---やっぱり石油大事? 画像
自動車 社会

ブッシュ大統領の一般教書演説---やっぱり石油大事?

ブッシュ米大統領は28日に行った一般教書演説の中で、燃料電池開発費用として12億ドルを支出することを明らかにした。同時にクリントン政権時代に環境開発保護地域に指定されたエリアに石油会社のアクセスを認める、というエネルギー法案を通すよう下院に要求もしている。

盗んだクルマで他車に追突、ドライバーを死亡させた男の罪は殺人に匹敵する 画像
自動車 社会

盗んだクルマで他車に追突、ドライバーを死亡させた男の罪は殺人に匹敵する

盗難したクルマを乗り回し、金品を物色しているうちに高速度で信号待ちのクルマに激突。ドライバーを死亡させたとして業務上過失致死、道路交通法違反(ひき逃げ、無免許運転)などの罪に問われた男に対する論告求刑公判が30日、札幌地裁で開かれた。

危険運転罪を求める遺族と、「それはできない」とする検事との間で大論争 画像
自動車 社会

危険運転罪を求める遺族と、「それはできない」とする検事との間で大論争

交通事故の被害者遺族と、事件を担当する検事との間にトラブルが起きたことで、山口地検が「両者の信頼関係が損なわれ、公判維持が難しくなる」と判断し、初公判前日までに担当検事を交代させていたことが28日、明らかになった。

状況は事故なのに、「事故じゃない」とする警官2人の主張は認めないと審査会 画像
自動車 社会

状況は事故なのに、「事故じゃない」とする警官2人の主張は認めないと審査会

交通事故を事故と認識せず、被害者を放置して死亡させた神奈川県警・保土ヶ谷署員2人を死亡した男性の遺族2人が保護責任者遺棄致死容疑で横浜地検に告訴し、同地検が不起訴とした処分について、横浜検察審査会は24日までに不起訴不当とする議決を行った。

「異議ありッ!!」---泥酔者ひき逃げ事故で不起訴不当の評決 画像
自動車 社会

「異議ありッ!!」---泥酔者ひき逃げ事故で不起訴不当の評決

水戸検察審査会は25日、2000年9月下旬に茨城県水戸市内で発生した死亡ひき逃げ事故について、不起訴不当の議決を行ったことを明らかにした。加害者が警察の事情聴取で行った供述と、被害者が実際に倒れていた位置や様態に相違が認められるという。

被告の自殺未遂は不誠実、塀の中でゆっくり反省を---厳しい現実 画像
自動車 社会

被告の自殺未遂は不誠実、塀の中でゆっくり反省を---厳しい現実

昨年8月、北海道北広島市内で脇見運転が原因で歩道に乗り上げ、そのまま数十メートル暴走し、歩道にいた小学生を次々にはね4人を死傷させて業務上過失致死傷の罪に問われた51歳の女に対する論告求刑公判が札幌地裁で12日に開かれた。

時効直前の案件に改正道交法は適用せず……無難な対応か? 画像
自動車 社会

時効直前の案件に改正道交法は適用せず……無難な対応か?

1999年11月、東京都内で酒酔い運転の大型トラックが乗用車に衝突して幼児2人が焼死した事故で東京地検は27日、道路交通法違反(酒気帯び運転容認)で書類送検されていた運送会社と車両運行責任者を嫌疑不十分で不起訴処分にしたことを明らかにした。

判決直後に新しい証拠発見だって……クルマ窃盗犯無罪を不服で検察が控訴 画像
自動車 社会

判決直後に新しい証拠発見だって……クルマ窃盗犯無罪を不服で検察が控訴

那覇地検は25日、今月13日に那覇地裁で無罪判決が言い渡された自動車窃盗犯について、判決を不服として福岡高裁那覇支部に控訴したことを明らかにした。被告が自動車窃盗に関与したことを示す有力な証拠も提出する準備があるという。

罰金はキッチリ支払っていただきます---未納者追跡は厳しいぞ 画像
自動車 社会

罰金はキッチリ支払っていただきます---未納者追跡は厳しいぞ

宇都宮地検は14日、刑事罰として罰金刑が確定したにも関わらず、納付を拒む未納者を追跡調査する「広域特別執行班」の活動実態を明らかにしている。今年4月から10月までの6カ月間に13人を摘発。労役場に収監している。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 > 次
Page 10 of 11