検察庁に関するニュースまとめ一覧(11 ページ目)

関連インデックス
警察庁
過労運転は運転手だけの判断じゃない---検察が運行管理者の責任追及へ 画像
自動車 社会

過労運転は運転手だけの判断じゃない---検察が運行管理者の責任追及へ

今年8月、渋滞中のクルマの列に居眠り運転の大型トレーラーが追突し、その後に発生した車両火災で11人が死傷した事故で、津地検は事故を起こした運転手が勤務する運送会社の幹部2人を道路交通法違反(過労運転容認)の罪で起訴したことを明らかにした。

職質する前に警察手帳を見せるべき…暴力団と見間違えられた警官の過失は? 画像
自動車 社会

職質する前に警察手帳を見せるべき…暴力団と見間違えられた警官の過失は?

前橋検察審査会は24日、大学生が職務質問を行おうとした警察官を暴力団員と誤認し、逃走する際にクルマにはねられて死亡した交通事故で、警察官側の過失を不問として不起訴にした検察官の判断は不当とする議決を下した。

交通トラブルで相手を刺殺---懲役14年の求刑は重い? 軽い? 画像
自動車 社会

交通トラブルで相手を刺殺---懲役14年の求刑は重い? 軽い?

今年4月、交通トラブルを原因とするケンカで2人を死傷させ、殺人罪や窃盗罪に問われた暴力団員に対する論告求刑公判が大阪地裁堺支部で21日に開かれ、検察側は「短絡的で自己中心的な犯行である」として、懲役14年を求刑した。

酒気帯びバス運転手が在宅起訴---法廷はプロのモラル低下をどう裁く? 画像
自動車 社会

酒気帯びバス運転手が在宅起訴---法廷はプロのモラル低下をどう裁く?

甲府地検は4日、今年7月に中央自動車道のサービスエリア内駐車場で、飲酒運転が原因の接触事故を起こし、道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で送検されていた元JR東海バスの運転手の男を同罪で在宅起訴したことを明らかにした。

過重労働を強制した会社の責任は? --三重のトラック事故で運転手を起訴 画像
自動車 社会

過重労働を強制した会社の責任は? --三重のトラック事故で運転手を起訴

津地検は30日、今月10日に三重県鈴鹿市内の東名阪自動車道下り線で、渋滞の最後尾に100km/hの速度で走ってきた大型トレーラーが突っ込み、帰省客など5人が死亡、6人が重軽傷を負った事故で、このトレーラーの運転手を業務上過失致死傷罪で起訴した。

弟の名前を名乗った兄を弟が訴えた! 骨肉の争いの結末は… 画像
自動車 社会

弟の名前を名乗った兄を弟が訴えた! 骨肉の争いの結末は…

所沢簡裁は29日、実の兄が違反摘発を免れるためになりすましていた弟に対する交通違反の罰金刑を取り消し、一転無罪とする判決を言い渡した。兄は「身代わりになることは弟も了承していた」と供述していたが、裁判所は「無断で名乗った」と判断した。

「事故原因を改めて問いたい」---死亡した女児の母、検察に不服申立 画像
自動車 社会

「事故原因を改めて問いたい」---死亡した女児の母、検察に不服申立

路上駐車していたトラックを避けようと対向車線側にはみ出した自転車の少女が、走ってきたフォークリフトにはねられて死亡したという事故で、この少女の母親は22日、トラック運転手の不起訴を不当とする申立をさいたま検察審査会に行った。

加害者側の態度を頑なにするのは罪の重さか、それともカネか? 画像
自動車 社会

加害者側の態度を頑なにするのは罪の重さか、それともカネか?

著しい速度超過のまま交差点に進入し、対向車線から右折してきたクルマに衝突したことで2名を死傷させ、業務上過失致死・致傷罪に問われている26歳の男の論告求刑公判でさいたま地検は22日、懲役2年6カ月を求刑したことを明らかにした。

荷台脱落の原因は整備を怠っていたから--整備士2人に厳しい判断 画像
自動車 社会

荷台脱落の原因は整備を怠っていたから--整備士2人に厳しい判断

2000年7月、新潟県柿崎町の国道8号線を走行していた4トントラックの荷台部分が突然落下、対向車線を走っていたクルマに直撃して運転者を死亡させた事故で、このトラックの整備を担当した業者に対し、高田区検察庁は17日、罰金50万円の略式命令を出した。

廃車ごとプレスされた遺体を中国まで追う埼玉県警の執念 画像
自動車 社会

廃車ごとプレスされた遺体を中国まで追う埼玉県警の執念

さいたま地検は10日、風俗店でトラブルになった41歳の男性に暴行を加えて殺害し、遺体を廃車ごとプレスして処分したとして、殺人罪などに問われている男の論告求刑公判で、被害者の遺体が中国国内で6月下旬までに発見されていたことを明らかにした。

突然現れる障害物---検察審査会が死亡事故を不起訴不当に 画像
自動車 社会

突然現れる障害物---検察審査会が死亡事故を不起訴不当に

大阪地検は5日、3年前に起きたバイクを運転していた大学生の転倒死亡事故について、検察審査会の行った「不起訴不当」の議決を受け、事故原因となった段差解消プレートを設置した飲食店経営者を道路交通法違反容疑で略式起訴したことを明らかにした。

罰金を納入しないと強制労働!! ---大阪府警が139人に実力行使 画像
自動車 社会

罰金を納入しないと強制労働!! ---大阪府警が139人に実力行使

大阪府警と大阪地検は1日、道路交通法違反容疑のうち、赤キップを切られて罰金刑が確定しているにもかかわらず、罰金の納付を拒んでいる139人を対象に収監状を取り、6月下旬までに40人を実際に収監していたことを明らかにした。

睡眠薬で夢心地の男を危険運転罪で逮捕---事故は悪夢そのもの 画像
自動車 社会

睡眠薬で夢心地の男を危険運転罪で逮捕---事故は悪夢そのもの

大阪地検は28日、規定量を大幅にオーバーする睡眠薬を服用したままクルマを運転し、衝突事故を起こして相手に全治1カ月の重傷を負わせた38歳の男を危険運転致傷罪で起訴したことを明らかにした。薬物大量服用(オーバードーズ)による同罪適用は2例目。

事故後の飲酒で証拠隠滅は悪質!! ひき逃げ容疑者に危険運転罪適用へ 画像
自動車 社会

事故後の飲酒で証拠隠滅は悪質!! ひき逃げ容疑者に危険運転罪適用へ

東京地検は11日、飲酒運転の末にひき逃げ事故を起こし、業務上過失致死罪に問われている37歳の男について、飲酒運転の発覚を遅らせる目的で事故後さらに飲酒を行ったことが悪質と判断して、危険運転致死罪の訴因追加を行ったことを明らかにした。

加害者を擁護する検察官は信用できない---遺族の忌避申し立て、認める 画像
自動車 社会

加害者を擁護する検察官は信用できない---遺族の忌避申し立て、認める

福岡地検は30日、交通死亡事故を担当していた検察官について、「被害者遺族の感情を逆なでするような言動をされ、ショックを受けた」という遺族の「忌避」の申し出を受け、別の検察官と交代させていたことを明らかにした。

他車に迷惑が掛かるという認識=過失と認定---高速道路上での殴りあい 画像
自動車 社会

他車に迷惑が掛かるという認識=過失と認定---高速道路上での殴りあい

今年1月、高速道路の追い越し車線上に止まっていた大型トレーラーに後続のワゴン車が追突し、乗っていた5人が死傷した事故で、水戸地検は22日、トレーラー運転手と、30歳の自動車販売業男の2人を共に業務上過失致死傷の疑いで起訴した。

【ワールドカップ】これもフーリガン対策!! 期間中は刑事裁判ナシ 画像
自動車 社会

【ワールドカップ】これもフーリガン対策!! 期間中は刑事裁判ナシ

札幌地検と札幌地裁は18日、サッカー・ワールドカップの予選期間中にあたる6月1日から10日間、札幌地裁での刑事裁判を行わないという方針を明らかにした。フーリガンが暴動を起こした際、検察官が聴取に動員され、公判維持できない可能性が高いことが理由。

市民の信頼感を損なう行為---違反もみ消しの元署長を起訴 画像
自動車 社会

市民の信頼感を損なう行為---違反もみ消しの元署長を起訴

青森区検察庁は10日、元上司である77歳男性が起こした交通違反もみ消しを行ったとして、青森県警金木署の前署長を犯人隠避の罪で起訴したことを明らかにした。もみ消しを依頼した男性も犯人隠避教唆と道路交通法違反(速度超過)の罪で略式起訴されている。

「息子の死と警官の不手際には密接な関係」---地検の判断に遺族猛反発 画像
自動車 社会

「息子の死と警官の不手際には密接な関係」---地検の判断に遺族猛反発

昨年11月、職務質問を行ってきた群馬県警の捜査員を暴力団組員と誤認し、逃走する際にクルマにはねられて死亡した大学生の遺族が、3月29日に前橋地検が行った群馬県警捜査員に対する不起訴処分を不服とし、検察審査会に不起訴不当の申し立てを4日に行った。

車内で焼酎を飲んでから運転---悪質トラックドライバーを危険運転罪で起訴 画像
自動車 社会

車内で焼酎を飲んでから運転---悪質トラックドライバーを危険運転罪で起訴

長野地検は1日、飲酒運転を行って2名を死傷させた55歳の男を、危険運転致死傷と道路交通法違反(ひき逃げ)の罪で長野地裁松本支部に起訴したことを明らかにした。同罪の適用は長野県内では初めてだという。

少年の死と警察官の追跡に因果関係なし---高崎事件で地検が判断 画像
自動車 社会

少年の死と警察官の追跡に因果関係なし---高崎事件で地検が判断

前橋地検は3月29日、職務質問中の対応に恐怖を感じた大学生がその場から逃走、その後クルマにはねられて死亡したことで、業務上過失致死容疑で書類送検されていた群馬県警の3人の警察官に対して「追跡と事故に因果関係はない」と判断、不起訴処分とした。

「一審は誤り、量刑は軽すぎる」---女子中学生監禁事件で地検が控訴 画像
自動車 社会

「一審は誤り、量刑は軽すぎる」---女子中学生監禁事件で地検が控訴

大阪市在住の女子中学生が監禁から逃れようとしてクルマから落下、その後死亡した事件で、神戸地検は28日午後、神戸地裁で25日に言い渡された一審判決を不服として大阪高等裁判所に控訴したことを明らかにした。

飲酒とトルエン吸引による酩酊状態---運転が危険とかいうレベルじゃない 画像
自動車 社会

飲酒とトルエン吸引による酩酊状態---運転が危険とかいうレベルじゃない

福井地検は8日、飲酒とトルエン吸引で酩酊した状態にもかかわらず、クルマを運転して事故を起こした29歳の男を危険運転致傷罪で起訴したことを明らかにした。薬物使用による同罪適用は睡眠薬によるものがあるが、飲酒とトルエンのダブルは初めて。

工事現場ガードマンの指示を無視して事故…に危険運転罪を適用 画像
自動車 社会

工事現場ガードマンの指示を無視して事故…に危険運転罪を適用

広島地検は7日、酒気帯び運転でクルマを運転し、道路工事現場のガードマンの制止を振りきって交差点に進入し、他のクルマと衝突事故を起こしたドライバーを道路交通法違反(酒気帯び)と危険運転致傷罪で起訴したことを明らかにした。

サッチーを検挙したから? それともハイブリッドでご満悦? Vサイン係官が処分 画像
自動車 社会

サッチーを検挙したから? それともハイブリッドでご満悦? Vサイン係官が処分

東京地検は13日、今月5日に脱税容疑で逮捕された野村沙知代容疑者を地検に任意同行する際、乗っていたクルマの運転席から報道陣に向かってVサインをした地検技官を厳重注意処分、上司の総務課長を注意処分にしたことを明らかにした。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Page 11 of 11