警官に自転車を突っ込ませ死亡させる、18歳少年を逆送で起訴

昨年8月、高知県高知市内で無灯火状態で自転車を走行させ、これを抑止しようとした警官に衝突する事故を起こし、後にこの警官を死亡させたとして家裁から逆送された18歳の少年について、高知地検は10日、傷害致死と公務執行妨害の罪で起訴した。

自動車 社会 社会
昨年8月、高知県高知市内で無灯火状態で自転車を走行させ、これを抑止しようとした警官に衝突する事故を起こし、後にこの警官を死亡させたとして家裁から逆送された18歳の少年について、高知地検は10日、傷害致死と公務執行妨害の罪で起訴した。

問題の事故は2015年8月14日の午後9時10分ごろ発生している。17歳(当時)の少年は、高知市長浜蒔絵台1丁目付近の県道で、歩道部分を無灯火状態の自転車で走行。これを発見し、抑止しようとした25歳の男性警官に対して減速しないまま衝突。警官は転倒した際に頭部を強打し、約2か月後に死亡した。

警察は少年を過失傷害の現行犯で逮捕したが、後の調べで少年は捕まることを恐れ、自転車を減速させないまま警官に向けて故意に突進していたことが判明。傷害致死や公務執行妨害で高知家庭裁判所に送っていたが、高知家裁は「刑事処分相当」と判断して逆送。これを受けて高知地検は少年を同罪で起訴した。

今後は成人と同様に裁判員裁判が開かれることになるが、高知県内で少年事件が裁判員裁判となるのは今回が初めて。起訴された内容について、少年の認否は明らかにされていない。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 自転車で警官へ突っ込む、少年を書類送検 画像 自転車で警官へ突っ込む、少年を書類送検
  • 17歳少年の自転車が衝突、抑止を試みた警官が重体 画像 17歳少年の自転車が衝突、抑止を試みた警官が重体
  • 飲酒運転発覚を恐れてひき逃げ、検察逆送の少年を起訴 画像 飲酒運転発覚を恐れてひき逃げ、検察逆送の少年を起訴
  • 横浜の看護師死亡事故、少年を起訴---刑事処分相当と判断 画像 横浜の看護師死亡事故、少年を起訴---刑事処分相当と判断

特集