ホンダ、CR-V 新型ベースの燃料電池車開発…2024年から米国で生産

ホンダが2024年から生産する新型燃料電池車のパワートレイン
  • ホンダが2024年から生産する新型燃料電池車のパワートレイン
  • ホンダ CR-V ハイブリッド 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V ハイブリッド 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V ハイブリッド 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V ハイブリッド 新型(米国仕様)
  • 2016年から2020年ごろまでラインナップされていたクラリティFUEL CELL

ホンダの米国部門は11月30日、主力SUVの『CR-V』の新型をベースにした燃料電池車を開発し、2024年から米国で生産すると発表した。

この燃料電池車の生産は、スーパーカーのアキュラ 『NSX』など、少量生産に適したオハイオ州の「パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター(PMC)」で行われる予定だ。ホンダは2040年までに、世界新車販売の100%をEVまたは燃料電池車にする目標を掲げている。

なお、新型CR-Vをベースにした燃料電池車には、ホンダの北米市場向け燃料電池車としては初めて、EV走行用の外部充電機能を採用する、としている。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集