フィアット 500X 発売、新世代フロントグリル&リアエンブレムを採用

フィアット 500X
  • フィアット 500X
  • フィアット 500X 新世代フロントグリル
  • フィアット 500Xクロス
  • フィアット 500Xクロス
  • フィアット 500X 新世代リアエンブレム
  • フィアット 500Xスポーツ

ステランティスジャパンは11月29日、新世代デザインを採用したフィアットのコンパクトSUV『500X』を発売した。

500Xは、ひと目で「500」ファミリーとわかる愛らしいデザインと利便性の高い4ドアボディ、優れた積載性やユーティリティを兼ね備えたコンパクトSUVだ。

新世代デザインでは、フィアットのロゴが従来の円形フレームからシンプルなシルバーに変更となった。グラフィックを抑え、1900年代初頭に初めて導入されたエンブレムの細長い文字が、最新のトレンドであるシンプルでミニマリスティックなロゴとして復活。すでに電気自動車『500e』で採用されているが、他のモデルでは初の導入となる。

グレードは「500Xクロス」と「500Xスポーツ」の2種類を展開する。500Xクロスでは、ドアミラーカバーをボディ同色からブラックに変更し、17インチから18インチにサイズアップすることでより精悍な印象に。500Xスポーツは自動防眩ミラーを標準装備とした。

ボディカラーは、500Xクロスにジェラート ホワイト、パッションレッドの2種類のソリッドカラーを標準設定し、オプションでメタリックカラーのファッショングレーを用意。500Xスポーツにはその3色に加えて、メタリックカラーのイタリアブルーをオプションで設定している。

価格は500Xクロスが418万円、500Xスポーツが423万円。


《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集