フェラーリがSUV市場に参入、725馬力のV12搭載『プロサングエ』[詳細写真]

フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ
  • フェラーリ・プロサングエ

フェラーリは9月13日、新型車『プロサングエ』(Ferrari Purosangue)を欧州で発表した。プロサングエは、フェラーリ史上初の4ドア4シーター車であり、フェラーリ初のSUVだ。車名のプロサングエとは、イタリア語で「サラブレッド」を意味する。

プロサングエのフロントミッドシップには、直噴6.5リットル(6496cc)V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンが搭載される。シリンダーヘッドは、『812コンペティツィオーネ』用がベースだ。吸排気システムとタイミングシステムは、再設計された。機械効率と燃焼効率に力を注ぎ、F1をインスピレーションとするキャリブレーションコンセプトを採用している。

その結果、最大出力725ps/7750rpm、最大トルク73kgm/6250rpmを獲得した。エンジンの最高許容回転数は、8250rpm。最大トルクの80%を、2100rpmから発生し続ける特性だ。トランスミッションは、8速デュアルクラッチ「F1」。0~100km/h加速3.3秒、0~200km/h加速10.6秒、最高速310km/h以上の性能を可能にしている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集