メルセデス最高峰の電動SUV、マイバッハ版『EQS SUV』プロトタイプを初スクープ

メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • コンセプト・メルセデスマイバッハ EQS(IAAモビリティ2021)
  • コンセプト・メルセデスマイバッハ EQS(IAAモビリティ2021)
  • コンセプト・メルセデスマイバッハ EQS
  • コンセプト・メルセデスマイバッハ EQS
  • メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツの最高級ブランド「マイバッハ」初の高級電動SUV、メルセデスマイバッハ『EQS SUV』のプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

コンセプトモデルは2021年9月のミュンヘンモーターショーで初公開。市販化も示唆されていたが、ブランド初のSUVがいよいよ現実のものとなる。

メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)

捉えたプロトタイプはボディ前後を中心にカモフラージュ。フロントエンドからは、コンセプトで見せたナンバープレートの下まで伸びたユニークなグリルが確認できる。プロトタイプには、市販型に装備されるはずのマイバッハ専用ホイール、ブランドバッジ、クロームのサイドウィンドウモールもない状態。ベースとなる『EQS SUV』とほぼ同じ印象だが、今後マイバッハ仕様に仕上げられるだろう。

よく見ると、リアホイールがフロントホイールと逆方向に操舵しており、後輪ステアリングシステムが作動していることがわかる。大柄なボディながら取り回し性のよさには期待できそうだ。

マイバッハEQS SUVのハイライトの1つはその豪華なキャビンにある。標準モデルの2列目シートは3シートだが、マイバッハでは流れるようなセンターコンソールで仕切られた2つの独立したリアチェアが装備される。そのほか、アンビエント・ライティング、光沢のあるローズゴールドのトリム、毛足の長いカーペット、豪華な24インチホイールなど、コンセプトで見せた世界観がどこまで反映されるか注目される。

メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスマイバッハ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)

またコックピットは、コンセプトではインパネ全面に広がるガラスカバーの下に、3つのディスプレイが配置されていた。これはベースとなるEQS SUVと非常に似たレイアウトで、マイバッハでも巨大スクリーンの搭載は間違いない。

EVスペックは、「EQS SUV 580 4MATIC」と同じ出力を持つデュアルモーターパワートレインと全輪駆動システムを搭載する予定。これが事実ならば、最高出力536ps以上、最大トルク858Nmを発揮するだろう。

マイバッハ EQS SUV市販型のワールドプレミアは、2023年内と予想される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集