ヒョンデの流線形EV『アイオニック6』、内外装デザインを先行公開

ヒョンデ・アイオニック 6
  • ヒョンデ・アイオニック 6
  • ヒョンデ・アイオニック 6
  • ヒョンデ・アイオニック 6

ヒョンデは6月29日、新型EV『アイオニック6』(Hyundai IONIQ 6)の内外装デザインを先行公開した。EVパワートレインの詳細など、ワールドプレミアは7月を予定している。

アイオニック6は、EV専用ブランドの「アイオニック(IONIQ)」の第2弾モデルだ。日本市場にも導入されている『アイオニック5』に続くモデルになる。アイオニック5は、5ドアハッチバックのEVだが、アイオニック6は、ユニークな流線形シルエットが特長のセダンEVとなる。

アイオニック6は、「シングルカーブの電動ストリームライナー」を標榜する。ボンネットの先端からルーフ、リアへエンドへと続く緩やかなカーブが特長だ。前面空気抵抗を示すCd値は、ヒョンデ車で最も低い0.21を達成した。アイオニック6のインテリアは、繭に着想を得た。ダッシュボードには、12インチのフルタッチインフォテインメントディスプレイを組み込んでいる。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集