BMW M4に「CSL」、175kg軽量化&40馬力パワーアップ[詳細写真]

BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL
  • BMW M4 CSL

BMWは5月20日、『M4 CSL』を欧州で発表した。新型『M4クーペ』をベースに、軽量化を図るなどしたさらなる高性能モデルで、世界限定1000台を生産する予定だ。

「CSL」とは、「Coupe(またはCompetition) Sport Lightweigh」の略。BMW Mの2ドアクーペの頂点に位置するモデルだ。CSLが用意されたのは、2004年の『M3 CSLクーペ』が最後だった。M4 CSLは、およそ20年ぶりのCSL復活となる。

M4 CSLでは、レーシングカーのノウハウを生かして、軽量化に取り組んだ。後席を取り外して2シーター化することで、21kg軽量化。「Mカーボンフルバケットシート」は、新型M4クーペの「コンペティション」に装着されている標準シートと比較して、24kg軽い。Mカーボンセラミックブレーキや専用アルミホイールなど、シャシーの変更によりマイナス21kg。遮音材を減らし、軽量の断熱材を使用することでマイナス15kg。ベース車両のCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製ルーフに加えて、ボンネットやトランクリッド、センターコンソールにもCFRPを使用してマイナス11kg。チタン製サイレンサーでマイナス4kg。キドニーグリル、テールライト、フロアマット、オートエアコンなどの細部の変更により、マイナス4kgの軽量化を図り、車両重量は1625kgに抑えられた。ベース車両に対して、175kgの軽量化を果たす。

直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、ターボのブースト圧を1.7バールから2.1バールに引き上げるなどのチューニングを受けた。この結果、最大出力は新型M4クーペのコンペティションに対して、40hpプラスの550hp/6250rpmに高められた。最大トルクは66.3kgmに据え置かれたが、2750~5950rpmのより幅広い領域で引き出される設定とした。トランスミッションは「ドライブロジック」を搭載した8速「Mステップトロニック」を組み合わせる。動力性能は、0~100km/h加速が0.2秒短縮され、3.7秒に。最高速は、290km/hから307km/hに引き上げられている。



《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集