ポルシェ、EVでワンメイクレース計画…1088馬力の ケイマン[詳細写真]

ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス と ミッションR(中央)
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス と ミッションR(中央)
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス

ポルシェは5月16日、『718ケイマンGT4』をEV化したコンセプトカー『718ケイマンGT4 eパフォーマンス』(Porsche 718 Cayman GT4 ePerformance)を欧州で発表した。

EVパワートレインは、2021年秋のIAAモビリティ2021で初公開されたレーシングEVコンセプト、『ミッションR』がベースだ。718ケイマンGT4 eパフォーマンスでは、前後アクスルに高性能モーターの「PESM」を搭載する。システム全体で1088psのパワーを引き出し、4輪を駆動する。モーターやバッテリーを直接油冷する方式を導入し、熱による出力低下をなくした。レーシングモードでの出力は、30分間一定に保たれるという。

ポルシェのシミュレーションでは、1回のレースで612psのモーターパワーをコンスタントに最大30分間、発揮できることが確認された。これは、「カレラカップ」のレース時間と同じ。718ケイマンGT4 eパフォーマンスは、ラップタイムと最高速の点で、現行の「タイプ992」世代の『911GT3カップ』のパフォーマンスと同等という。

900ボルトの急速充電テクノロジーを採用した。これにより、バッテリーの容量の8割を充電する時間は、約15分で済む。ポルシェは将来、レーシングEVを使用したワンメイクカップを計画している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集