【マツダ CX-5 改良新型】NAロードスターから“赤”受け継ぐ「スポーツアピアランス」[詳細画像]

マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
  • マツダ CX-5 XD スポーツアピアランス

12月上旬に発売となる商品改良版のマツダ『CX-5』。改良の目玉は、前後デザインの大幅変更と、「多様化したライフスタイルにこたえる自己表現SUV」をコンセプトとした3グレードの設定、そしてオンロードからオフロードまで人馬一体の走りをサポートする「Mi-DRIVE」の新採用だ。

今回はスポーツSUVらしさを追求したスタイル「スポーツアピアランス」の写真とともに、刷新されたデザインを紹介しよう。

フロントフェイスの意匠を一新

マツダ CX-5 XD スポーツアピアランスマツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
改良モデルに共通するデザイン変更として、エクステリアはフロントエンド、リアエンドを中心にSUVらしい力強さが加わった。最新の魂動デザイン表現を取り入れ、キャラクターラインの使用を極力抑え、面の動きと外光を反射した時に見せるリフレクションによって造形や質感を強調している。

フロントフェイスの意匠を一新し、フロントグリルまわりの特徴的な加飾も、線ではなく面で表現することによって、頑強なフレームのようなタフな逞しさが感じられるようにした。フロントグリルの意匠も大幅に変更し、網状の面的な表現から奥行きを感じさせる立体的なピースをフローティングさせて見せる表現へと深化させている。

マツダ CX-5 XD スポーツアピアランスマツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
前後ランプは、ランプ外形とランプユニットのデザインを変更しよりスポーティに。動物の瞳をイメージさせたランプは、水平方向の広がりを感じさせる4つの横長楕円のLEDランプに変更され、大きく表情を変えている。

スポーツSUVらしさを表現した「スポーツアピアランス」

マツダ CX-5 XD スポーツアピアランスマツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
「スポーツアピアランス」はスポーツSUVらしさを表現したスタイルだ。シグネチャーウイングをはじめ、下部ガーニッシュやホイールなど、各部をグロスブラックで引き締めスポーツテイストを増した。

より具体的には、シグネチャーウイング(グリルの縁取り)を黒メッキに、グリルは漆黒にレッドの差し色を、バンパー下部、タイヤアーチ、ドアガーニッシュをグロスブラックで仕上げた。さらにピラーガーニッシュも光沢感あるものとなったほか、ホイールもブラックメタリックの19インチとなっている。

マツダ CX-5 XD スポーツアピアランスマツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
グリルに装着されたレッドのアクセントは初代『NAロードスター』と同じ「クラシックレッド」を採用。マツダのスポーツDNAを感じさせながら、所有する喜びを高めるポイントとなっている。

インテリアは黒のレザーに赤いステッチを組み合わせ、見た瞬間にスポーティであることを感じさせるデザインとなっているのが特徴だ。

マツダ CX-5 XD スポーツアピアランスマツダ CX-5 XD スポーツアピアランス
価格はガソリン車の「25S スポーツアピアランス(2WD・AT)」が325万6000円、ディーゼル車の「XD スポーツアピアランス(2WD・AT)」が357万5000円。それぞれに4WD・ATの組み合わせも用意する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース