日産 ノートオーラ、カーオブザイヤー受賞…日本自動車殿堂2021-2022

日産 ノートオーラ(カーオブザイヤー)
  • 日産 ノートオーラ(カーオブザイヤー)
  • 日産 ノートオーラ(カーオブザイヤー)
  • 日産 ノートオーラ(カーオブザイヤー)
  • メルセデスベンツ EQA(インポートカーオブザイヤー)
  • メルセデスベンツ EQA(インポートカーオブザイヤー)
  • メルセデスベンツ EQA(インポートカーオブザイヤー)
  • ホンダ・ヴェゼル(カーデザインオブザイヤー)
  • ホンダ・ヴェゼル(カーデザインオブザイヤー)

日本自動車殿堂は11月8日、2021~2022年のイヤー賞4賞を発表。日産『ノート オーラ』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)」に選ばれた。

2021~2022日本自動車殿堂カーオブザイヤーは、2020年10月16日から2021年10月15日までに日本国内市場で発表・発売された新型乗用車が対象で、選考委員によって実用・利便性、経済性、審美性、先進性、安全性、環境性の6項目を評価して決定される。

今回受賞したノート オーラは、品位あるきめ細やかな上質感を持つ先進的なコンパクトカー。高い遮音技術とプライベート音響空間の創造、第2世代 e-POWER による高い静粛性と走行性などが高く評価された。

そのほか、インポートカーオブザイヤーにはメルセデス・ベンツの電動SUV『EQA』が、カーデザインオブザイヤーにはホンダの都市型SUV『ヴェゼル』が、テクノロジーオブザイヤーには渋滞運転機能による自動運転レベル3の実用化した、ホンダ センシングエリート搭載の『レジェンド』がそれぞれ選ばれた。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース