日本自動車殿堂に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
カーオブザイヤー(COTY)
日本自動車殿堂2021-2022イヤー賞…カーオブザイヤーの日産ノートオーラなど4台を表彰 画像
モータースポーツ/エンタメ

日本自動車殿堂2021-2022イヤー賞…カーオブザイヤーの日産ノートオーラなど4台を表彰

日本自動車殿堂は2021-2022のイヤー賞の表彰式を開催。カーオブザイヤーの日産『ノートオーラ』、インポートカーオブザイヤーは、メルセデスベンツ『EQA』など計4台が受賞した。

日本自動車殿堂 殿堂入り4名を発表し表彰…自動車社会構築の功労者へ 画像
モータースポーツ/エンタメ

日本自動車殿堂 殿堂入り4名を発表し表彰…自動車社会構築の功労者へ

特定非営利活動法人日本自動車殿堂は日本自動車殿堂 殿堂入り4名を発表するとともに表彰式を開催した。今回は豊田英二氏(トヨタ自動車)、森美樹氏(弁護士)、長山泰久氏(大阪大学名誉教授)、井巻久一氏(マツダ)の4名が殿堂入りとなった。

カワサキZ1、日産Be-1、トヨタセルシオを表彰…2021日本自動車殿堂歴史遺産車 画像
モータースポーツ/エンタメ

カワサキZ1、日産Be-1、トヨタセルシオを表彰…2021日本自動車殿堂歴史遺産車

特定非営利活動法人日本自動車殿堂は11月15日に日本自動車殿堂歴史遺産車の表彰式を開催した。今回はカワサキ『Z1/Z2』、日産『Be-1』、トヨタ『セルシオ』/レクサス『LS400』の3台が選ばれた。

「トヨタ中興の祖」豊田英二氏ら4名が日本自動車殿堂入り 画像
自動車 ビジネス

「トヨタ中興の祖」豊田英二氏ら4名が日本自動車殿堂入り

日本自動車殿堂は11月8日、2021年の殿堂入りとして、豊田英二氏、森美樹氏、長山泰久氏、井巻久一氏の4名を発表した。

カワサキ Z1/Z2 など、歴史遺産車に認定…2021日本自動車殿堂 画像
自動車 ビジネス

カワサキ Z1/Z2 など、歴史遺産車に認定…2021日本自動車殿堂

日本自動車殿堂は11月8日、「2021 日本自動車殿堂 歴史遺産車」を発表。カワサキ『Z1/Z2』(1972/1973年)、日産『Be-1』(1987年)、トヨタ『セルシオ』/レクサス『LS400』(1989年)の3車種が選定された。

日産 ノートオーラ、カーオブザイヤー受賞…日本自動車殿堂2021-2022 画像
自動車 ビジネス

日産 ノートオーラ、カーオブザイヤー受賞…日本自動車殿堂2021-2022

日本自動車殿堂は11月8日、2021~2022年のイヤー賞4賞を発表。日産『ノート オーラ』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)」に選ばれた。

ロードスター生みの親、平井敏彦氏ら3名が日本自動車殿堂入り 画像
自動車 ビジネス

ロードスター生みの親、平井敏彦氏ら3名が日本自動車殿堂入り

日本自動車殿堂は11月6日、2020年の殿堂入りとして、自動車交通問題に取り組んだジャーナリストの岡並木氏、初代ロードスターの開発責任者 平井敏彦氏、スカイラインR32型の開発責任者 伊藤修令氏の3名を発表した。

初代 ジムニー、歴史遺産車に認定…日本自動車殿堂 画像
モータースポーツ/エンタメ

初代 ジムニー、歴史遺産車に認定…日本自動車殿堂

スズキの初代『ジムニー』が、日本自動車殿堂の「歴史遺産車」に選定された。同社の車が歴史遺産車に選定されたのは2008年の『スズライト』に続き2台目となる。

ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021 画像
自動車 ビジネス

ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021

日本自動車殿堂は11月6日、「2020~2021日本自動車殿堂」において、ホンダのコンパクトカー『フィット』と開発グループに「カーオブザイヤー」を、プジョー『208/e-208』とインポーターに「インポートカーオブザイヤー(輸入乗用車)」を、それぞれ授与した。

【ホンダF1】初優勝の1965年「RA272」が歴史遺産車に…日本自動車殿堂 画像
モータースポーツ/エンタメ

【ホンダF1】初優勝の1965年「RA272」が歴史遺産車に…日本自動車殿堂

日本自動車殿堂(JAHFA)は6日、「2020 歴史遺産車」3車等の発表を行ない、そのなかで1965年にホンダがF1で初優勝した際のマシン「ホンダRA272」が歴史遺産車に選ばれた。

ユーノス ロードスター が歴史遺産車に認定…日本自動車殿堂表彰式 画像
モータースポーツ/エンタメ

ユーノス ロードスター が歴史遺産車に認定…日本自動車殿堂表彰式

NPO法人日本自動車殿堂は2019年の歴史遺産車4台と、殿堂者殿堂入り3名を発表し、その表彰式を開催。歴史遺産車の1台はマツダ/ユーノス『ロードスター』が選ばれた。

日本自動車殿堂2019…イヤーカーはトヨタ カローラ が受賞 画像
自動車 ビジネス

日本自動車殿堂2019…イヤーカーはトヨタ カローラ が受賞

NPO法人日本自動車殿堂は2019~2020殿堂イヤー賞を発表し、表彰式を開催した。日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)はトヨタ『カローラ/ツーリング』および開発者が受賞した。

トヨタ カローラ/ツーリング、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ カローラ/ツーリング、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞

日本自動車殿堂は11月8日、2019~2020年のイヤー賞4賞を発表。トヨタ『カローラ/ツーリング』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)」に選ばれた。

歴史遺産車に ユーノス ロードスター など4台を選定 日本自動車殿堂 画像
モータースポーツ/エンタメ

歴史遺産車に ユーノス ロードスター など4台を選定 日本自動車殿堂

日本自動車殿堂は11月8日、2019年の歴史遺産車として、三菱『A型』(三菱甲型)、いすゞ『エルフTL151型』、ヤマハ『スポーツSR400』、マツダ/ユーノス『ロードスター』の4台を発表した。

カワサキ Z1/Z2 開発の大槻幸雄氏ら3名、日本自動車殿堂入り 画像
モータースポーツ/エンタメ

カワサキ Z1/Z2 開発の大槻幸雄氏ら3名、日本自動車殿堂入り

日本自動車殿堂は11月8日、2019年の殿堂入りとして、「工業デザイン思想」に基づく車づくりを提唱した小杉二郎氏、エンジン滑り軸受解析の道を拓いた染谷常雄氏、大型二輪車の開発によりカワサキブランドを確立した大槻幸雄氏の3名を発表した。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3