メルセデスAMG SL も電動化へ、高性能PHV「Eパフォーマンス」開発中

メルセデスAMG SL
  • メルセデスAMG SL
  • メルセデスAMG SL
  • メルセデスAMG SL
  • メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス
  • メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス
  • メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス
  • メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス
  • メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス

メルセデスベンツは10月28日、メルセデスAMG 『SL』(Mercedes-AMG SL)に高性能プラグインハイブリッド車(PHV)の「Eパフォーマンス」を開発していると発表した。近い将来、正式デビューする予定という。

Eパフォーマンスとは、メルセデスAMGのパフォーマンス指向の電動化テクノロジーを意味する。Eパフォーマンスのロゴの下で、パワフルで効率的な電動テクノロジーを開発している。

Eパフォーマンスの第一号車は、メルセデスAMG 『GT 4ドアクーペ』がベースのメルセデスAMG 『GT 63 S Eパフォーマンス』だった。Eパフォーマンスの高性能ハイブリッドシステムは、メルセデスAMGのエンジンに、電気モーター、高性能バッテリー、可変トルク配分が可能な4WD「AMG パフォーマンス4MATIC +」を組み合わせたものだ。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスの場合、電気モーターは、最大出力204hp、最大トルク32.6kgmを引き出す。モーターはリアアクスルに配置され、電気式の2速トランスミッションと電子制御リアアクスルデフロックと一体設計された。軽量で高性能なバッテリーは、リアアクスルの上にレイアウト。さらに、メルセデスAMGが開発した電気モーターは、9速の「AMG SPEED SHIFT MCT 9G」トランスミッションを介さず、リアアクスルに直接パワーを送る。これにより、追い越しなどの際に追加のブーストとして、モーターのパワーを、よりダイレクトに駆動力にすることを可能にした。

また、一体設計された電子制御リアアクスルデフロックは、走行状況に応じて、左右の後輪に最適なトルクを配分することができる。その結果、コーナーの立ち上がりなどで、さらに力強い加速を可能にしているという。後輪のスリップを検知すると、電気モーターの駆動力が前輪に伝達され、トラクション性能を向上させる。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスでは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンが最大出力639hp/5500~6500rpm、最大トルク91.8kgm/2500~4500rpmを発生する。これに、モーターが加わったPHVシステム全体で、843hpのパワーと、149.9kgmのトルクを引き出す。これにより、0~100km/h加速2.9秒、最高速316km/hの性能を可能にした。843hpのパワーは、メルセデスAMGの量産車として、史上最強という。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース