ポルシェEV世界販売は2.6倍、タイカン に需要 2021年1-9月

ポルシェ・タイカン
  • ポルシェ・タイカン
  • ポルシェ・タイカン
  • ポルシェ・タイカン
  • ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモ
  • ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモ
  • ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモ
  • ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモ

ポルシェ(Porsche)は10月15日、2021年1~9月のEVの世界販売の結果を発表した。総販売台数は2万8600台。前年同期に対して、およそ2.6倍の伸びとなった。

2万8600台の販売台数は、『タイカン』と『タイカンクロスツーリスモ』を合計した数字だ。タイカンクロスツーリスモは、タイカンの派生車種。オフロードテイストを強調したクロスオーバーEVとなる。

ポルシェは現在、「プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)」をベースに構築された最初のポルシェとして、フルEVの次期『マカン』を開発している。2023年にデビューする予定だ。

ヨーロッパではEVの需要が増え続けているが、変化のペースは世界中でかなり異なる。そのため、2021年中に、内燃エンジンを搭載した現行マカンの後継車も発売する計画だ。なお、内燃エンジンを搭載した現行マカンの後継車は、将来的にはフルEVとなる次期マカンと一緒に販売される予定、としている。

なぜ今、EV/PHEVが注目されるのか……

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース