トヨタ MIRAI、三菱ケミカルのバイオエンプラ「デュラビオ」を採用

三菱ケミカルのバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO(デュラビオ)」が、トヨタ自動車が2020年12月から販売している燃料電池自動車、新型『MIRAI』のリアヒーターコントロールパネルに採用された。デュラビオがMIRAIに採用されたのは今回が初となる。

デュラビオは、再生可能な植物由来原料イソソルバイドを用いたバイオエンプラで、耐衝撃性・耐候性・耐熱性などで一般的なエンプラよりも優れた物性を持つ。また、一般的なエンプラは自動車のシートに含まれるアミンという物質により劣化することが知られているが、デュラビオは耐アミン性にも優れる。これらの特性を活かし、車載ディスプレイ前面板やフロントグリルなど自動車の内外装意匠部品への採用が進んでいる。

MIRAIは水素で発電した電気で走る燃料電池自動車で、環境課題とエネルギー課題の解決に貢献する“究極のエコカー"と呼ばれる環境車。同社のデュラビオは、内装材として求められる耐衝撃性や耐薬品性といった物性に加え、植物由来原料の素材である点がMIRAI のコンセプトとも合致し、今回の採用に至った。

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】トヨタ MIRAI、三菱ケミカルのバイオエンプラ「デュラビオ」を採用(4枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース