ホンダ、新型CRF250L/CRF250ラリー をホームページで先行公開

ホンダ CRF250L
  • ホンダ CRF250L
  • ホンダ CRF250ラリー

ホンダは、11月13日に発表予定の新型『CRF250L』『CRF250ラリー』に関する情報をホームページで先行公開した。

8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型CRF250Lは、「On(日常の便利さ)とOff(休日の楽しさ)に磨きをかけた『Evolved(進化させていく)ON-OFF GEAR』」を開発コンセプトに、市街地での扱いやすさとオフロードでの高い走破性を高次元で両立。また、CRF250ラリーは「The Dakar Replica週末の冒険者」を開発コンセプトに、風防効果の高い大型ウィンドスクリーンや容量を増加した大型フューエルタンク、異形状ヘッドライトを装備する。

両モデルのエンジンは、エアクリーナーからエキゾースト、マフラーに至る吸排気系の最適化により、低中回転域で力強く粘りある出力特性とした。また、車体は剛性バランスの最適化と軽量化を図った新設計フレームとし、足回りにはストローク量を伸長させ路面追従性を向上させた前後サスペンションを採用。ブレーキには前・後輪独立した2チャンネルABSを標準装備した。

CRF250Lのデザインは、最新モトクロッサー『CRF450R』のアグレッシブなデザインを踏襲し、主体色にエクストリームレッドを採用するとともにオフロードモデルの軽快性を表現する薄型LEDヘッドライトを新たに採用した。

CRF250ラリーは、CRF250L同様のエクストリームレッドを主体色にダカールラリーに参戦する『CRF450ラリー』の持つ冒険心をくすぐるイメージをデザインで表現。個性的なフロントビューを生み出す左右非対称の二眼LEDヘッドライトを踏襲するとともに、今回燃費向上とタンク容量の拡大によりツーリング性能を向上させている。

なお、サスペンションストロークを伸長させた<s>タイプを両モデルともに設定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース