VWとウーバーと提携… ゴルフEV をライドシェアサービスに運用開始

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は9月25日、ウーバー(Uber)と提携を結び、ウーバーのライドシェアサービスにEVを使用するパイロットプロジェクトを、ドイツ・ベルリンで開始した、と発表した。

このパイロットプロジェクトには、フォルクスワーゲン『ゴルフ』のEV、『e-ゴルフ』を活用する。すでにフォルクスワーゲンは2018年から、eゴルフを独自のカーシェアリングサービスの「WeShare」に利用している。今後、ウーバーのドライバーが、車両をeゴルフに切り替えることにより、数百台規模のeゴルフがライドシェアサービスに使われるようになることを想定している。

フォルクスワーゲンは、ウーバーとの提携を通じて、カーボンニュートラルなEVで都市部の大気の改善を支援する。また、ライドシェアサービスでEVを継続的に運用することにより、将来の車両に使用できる貴重なノウハウを蓄積していく。

フォルクスワーゲンブランドは、電動化戦略の一環として、2022年までにすべての主要な車両セグメントにEVを設定する計画だ。フォルクスワーゲンは、今後数年以内に、e-モビリティの世界市場におけるリーダーになることを目指している。フォルクスワーゲンブランドは2025年には、年間150万台のEVを生産することを見込む。

また、ウーバーは2040年までに、ゼロエミッションモビリティプラットフォームを導入する予定だ。すべてのサービスを、ゼロエミッション車、公共交通機関、マイクロモビリティ製品を使用して提供することを目指している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース