ジャガー・ランドローバーの新世代クリーンエンジン、生産150万基に…電動車向けも拡大

ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は、新世代のクリーンエンジンの「インジニウム(INGENIUM)」の生産が150万基を達成した、と発表した。

インジニウムファミリーは、クリーンで洗練された高効率のディーゼル、ガソリン、電動車向けエンジンで構成されている。パフォーマンスを最大化しつつ、環境への影響や顧客のランニングコストを軽減する。英国のジャガー・ランドローバーで開発、製造されているオールアルミ製のこのエンジンは、共通したコアテクノロジーに基づくモジュール型の、柔軟で拡張可能な設計が特長だ。

インジニウムファミリーは、電動車向けエンジンを拡大している。例えば、より高性能でスムーズさと効率が改善した直列6気筒ディーゼルエンジンが、『レンジローバー』と『レンジローバースポーツ』に搭載される。

この直列6気筒ディーゼルエンジンは、48Vのマイルドハイブリッドテクノロジーを採用する。ジャガー・ランドローバーのウェストミッドランズ工場で製造されるクリーンで効率の高い6気筒ガソリンエンジンと4気筒ガソリンおよびディーゼルエンジンのラインアップに加わる。

ジャガー・ランドローバーはインジニウムテクノロジーの開発を継続し、モデルラインアップの電動化を進める。英国ウルバーハンプトンのエンジン・マニュファクチャリング・センター(EMC)では、次世代電気ドライブユニットの組み立ても行っており、従来の自動車から電動車への乗り換えを検討する顧客向けに新型ガソリン、ディーゼルエンジン、電動エンジンを用意し、柔軟な選択肢を提供する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツ CLA 新型に新世代PHV「EQパワー」…生産開始 画像 メルセデスベンツ CLA 新型に新世代PHV「EQパワー」…生産開始
  • 【トヨタ RAV4 PHV 新型試乗】一般道でも変わらぬ「一格上」の感覚…島崎七生人 画像 【トヨタ RAV4 PHV 新型試乗】一般道でも変わらぬ「一格上」の感覚…島崎七生人
  • マセラティ初の電動モデルは『ギブリ』、48Vマイルドハイブリッドを欧州発表 画像 マセラティ初の電動モデルは『ギブリ』、48Vマイルドハイブリッドを欧州発表
  • 【レクサス LC 改良新型】ヤマハ発動機のパフォーマンスダンパー採用 画像 【レクサス LC 改良新型】ヤマハ発動機のパフォーマンスダンパー採用

特集

おすすめのニュース