アウディ A3 新型にPHV、欧州で年内に設定へ[訂正]

アウディ A3 セダン 新型(参考画像)
  • アウディ A3 セダン 新型(参考画像)
  • アウディ A3 セダン 新型(参考画像)
  • アウディ A3 セダン 新型(参考画像)
  • アウディ A3 スポーツバック 新型(参考画像)
  • アウディ A3 スポーツバック 新型(参考画像)
  • アウディ A3 スポーツバック 新型(参考画像)

独アウディは2020年内に、新型『A3』にプラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

アウディは現在、乗用車系では『A6』、『A7スポーツバック』、『A8』に、SUV系では『Q5』と『Q7』に、新世代PHVの「TFSI e」を設定している。

アウディは欧州市場において2020年内に、新世代PHVを合計12モデルに増やす計画だ。これにより、PHVはアウディのラインナップの半分以上で選択可能になる。

この12車種のPHVのひとつが、新型A3となる。新型A3には、5ドアハッチバックの「A3スポーツバック」と4ドアセダンの「A3セダン」がある。PHVが、どのボディタイプで登場するかは、明らかになっていない。

<おわび> 当初、「A3にPHVが設定されるのは、新型が初めて」としましたが、初めてではありませんでした。訂正・再出力しました。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース